テーマ:膝の痛み

変形性膝関節症と筋肉の関連

 膝の痛みを、内側に感じる場合、変形性膝関節症と診断するらしい。  レントゲンによる診断では、異常を見つけるのはとても難しい。 それは何故か? 骨には、痛みを感じる神経は存在しないからだ。 痛みを感じるのは骨ではなく、筋肉。しかも、筋肉の先端である骨との付着部付近に痛みを感じてる。  原因と考えられる筋肉とは。 半膜様筋、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛み(半月板損傷)は、手術しない。

半月板損傷による膝の痛みの原因。 筋肉がその原因の大多数を占めている。 医師より半月板が損傷している部位を詳しく聞いてみてください。 痛いと感じる場所と一致してないのでは。 どこが痛いのか本当はよくわからない。 膝だと思っていても本当は膝ではないかもしれない。 痛みを感じる痛覚神経。 その痛覚神経は、半月板には存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形外科医に必要なこと

整形外科医には、理論より体験が必要である。 筋肉が”つる”ことを自ら体験しないと、関節の痛みは直せない。 内転筋が”つる”まで脚を動かしたことのない医師には、膝痛の本当の原因を理解することはできないであろう。 ギックリ腰を自ら体験することで、脊椎管狭窄症・椎間板ヘルニアという病名に疑問をもてるようになる。 捻挫した自分の足首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術後の可動域のリハビリ

膝関節の手術を決断する理由の1つに、痛みがあります。 手術後に、完全に回復した人も中にはいるのでしょう。 しかし、多少の回復である人も多いのではないですか? そもそも、膝痛の一番の原因と考えられるのは太ももの筋肉の質の変化にある。 若いころは、多少の無理にも対応できましたが、 その後、徐々に動きの時間や量に変化が生じます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工関節は手術後が大事

膝の痛みは、日々の生活に困難をきたします。 長年の、通院にもかかわらず多くの人が悩み続ける。 同じ苦しみの方々の会話で、人工関節の話題が持ち上がりました。 辛さのあまり、危険な手術であることも確認せずに実行することに。 その方は、大いなる勘違いをしていた。 「手術を受ければ、関節が回復し痛みが無くなる。 行動もス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正座について

膝が痛くて正座ができない人。 膝が痛くても正座ができる人。 膝が痛くなくても正座ができない人。 膝が痛くなくても正座ができる人。 軟骨のすり減りが正座できない原因だと思う人 軟骨のすり減りと正座は関係ないと思う人 変形性膝関節症が正座できない原因だと思う人 変形性膝関節症は正座と関係ないと思う人 筋肉と正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青竹踏みに注意

膝の痛い人は、青竹踏みに注意して! 竹を踏むには、脚の筋肉に力が加わることを知っておいてください。 脚の筋肉のなかでも、太ももの筋肉。 さらに詳しく言うと、踏み込む時のバランスにより、大腿四頭筋や大腿二頭筋に力の強さの違いがおこる。 竹の上に身体を乗せるだけでも、無意識のうちに力が加わっています。 健康のために竹に乗る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「突発」の意味すること

突然発生するので、突発。 医学のなかでは、原因の解らない症状に「突発」という文字と使うことが多いのでは? 原因あっての結果。原因のない症状などはありえない。 治療の方法が解らない症状にこの単語を使うようになったのでしょう。 医学で使用する病名は、難しい呼び名をつけることが慣例とされている気がします。 患者さんにわかりにくけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みの原因の一つに「慣れ」がある

膝が痛くなる原因には、筋力の衰えや筋肉疲労がある。 同じ動作を繰り返すうちに、疲労が蓄積しているのを忘れてしまう。 「今までできていたことが、できなくなった」と嘆いていないだろうか? 『新・人間革命』の一節です。 人間には、「慣れ」という感覚がある。今いる状況に慣れると、危険が進行していても、”これまで何もなかったから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変形性膝関節症の人は正座ができる

”変形性膝関節症”を膝関節変形症と呼ばれる先生もいらっしゃりますが、そのどちらの病気であっても正座することは可能です。 不可能という先生がもしいたならば、治し方を知らないだけかもしれない。 正座ができない原因を、骨に求めるかぎり治すことは決してできません。 古い考え方に執着することなく勇気をもって方向転換しなければ、整形外科の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟骨がすり減り、膝が痛い

軟骨のすり減りが原因であれば、膝の痛みは治らないのでは。 加齢のほか、すり減りの原因はいろいろあるのかもしれません。 外から注入したり、内から吸収してもその効果はあるのでしょうか。 そもそも、痛みの原因が今だに軟骨にあるとする教育が間違いなのでは。 数字で、治る人の割合が示せるのか? 教科書の通りに理解し、治療する医師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎮痛剤

現在使用されている鎮痛剤で最も効果が高い? オックスフォード大学のスーザン・グリーンフィールド教授の本を読み、鎮痛剤の使用はできるだけ避けたいと思いました。 教授の本の一部を紹介します。 「モルヒネとヘロインの有害作用は、 脊髄のすぐ上にある脳幹の呼吸中枢の働きを抑制して、呼吸の速度を遅くすることである。 呼吸中枢は脳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿布を貼るのは何故?

私はお風呂上りに湿布を貼ります。 膝の内側が痛いので、痛い場所に貼る。 長い期間繰り返していて、習慣になってしまった。 膝の痛みの原因は、みんなと同じ。 薬局で買うよりも安いので、 医師の処方されるがままに。 もちろん、役に立たないのは分かっているけれど、 特別、疑問も生じない。 副作用を知っていても、やめられない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟骨 量より質を!

最も大事なこと! 真実の成分という知識でなく、 量の減った分、 工夫するという智慧。 軟骨が減るよりも、 硬くなることのほうが、 困難を伴う。 硬くなった軟骨は、 動きを鈍らせ、 安定を失うことになる。 日々の努力で、 柔らかくすることができる。 不要な情報に惑わされることなく、 信念と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モデルチェンジする軟骨成分?

膝が痛いのを治すために、 筋肉をマッサージしよう! 膝のためには、 太ももの筋肉。 「薬は必ずしも必要ではないが、 回復の自信はいつも必要である。 薬に関する医師のジレンマを いよいよむつかしくするのは、 多くの人が 薬を車と同一視しがちだという事実である。 車も毎年モデルチェンジが行われないと 彼らは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々症状は変わる

「東洋医学においては、 同じような病気でも 個人によって症状は 全部違った経過をたどっていくし、 また、日々、 患者の症状は変わっていく、 ということが前提にされます。 したがって、 その症状の変化に応じて 治療のあり方を変えていかなくては、 具体的なその患者の病気を 治すことはできないとされます。 東洋医学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「軟骨のすり減り?」

”軟骨のすり減り”とは、 治し方の解らないことの 方便でしかない。 膝の痛みは、 自分でも治せる。 原因は「筋肉」 長年の積み重ねによる 筋肉疲労。 自分でマッサージすれば 解決する。 「無能な治療者は、 百年の臨床経験を積んでも、 その経歴のはじめに学んだ理論の確証を、 ただくり返し認める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝はまだ痛い。But・・正座は出来るようになった!

膝の治療のために、 マッサージをはじめました。 70歳を過ぎた女性。 体重は多め。 散歩しろと言われても、 痛くて歩けません。 月々日々に、痛くなるばかり。 杖、一本で歩いていたのが、 今では二本。 先生の質問に、 「痛いので正座はできません」と 答えていました。 「正座など、できる訳ない」と 思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慢性の膝の痛みは、「諦める」ことが大事!

このタイトルを見て、 勘違いしている人はいないでしょうか? 自分の思いを、 文章で相手に伝えるのはとても難しい。 「諦め」の意味とは ”断念する”だけではありません。 ”明らかにする”という意味もあります。 膝に限らず、どの部位の関節痛も、 痛みの原因を明らかにしなければならない。 本当の原因がわからず、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋肉の病気

筋肉痛と関節痛。 その違いとは? その共通点は、筋肉。 筋肉が硬くなると、痛みの信号が現れる。 関節痛とは、膝や腰、肩などの痛みのこと。 骨と骨との接点である関節。 骨には神経はない。 痛く感じているのは実は筋肉。 筋肉と骨との付着する部位の危険信号として、痛みが発生する。 痛みには、違いがある。 強い痛み、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージ以外で膝の痛みを治すには!

膝の痛みの多くは、筋肉に関する原因から。 膝に限らず、痛みと筋肉には深い関連がある。 マッサージによって、筋肉の手入れはできるけれども これからは、積極的に予防する 脚の筋肉をトレーニングする方法を質問されることがあるが、 おススメは、階段。 スクワットもいいけれど、 長続きしなくては無意味?・・・ 膝が痛い人は、上りよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝が痛いのに正座をしてもいい?

正座ができない理由 その多くが膝の痛み はたして膝が痛いから正座ができないのだろうか? 膝が痛くなる原因とは? 正座できなくなる原因とは? 高齢になるとできなくなると思われている正座 その治す方法と予防方法 「膝が曲がらない」 膝とは脚の関節のこと ふくらはぎの骨と太ももの骨が合わさる場所 本当の役割は知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内膝の痛みは治せるか?

膝関節の痛みを、詳しく調べると本当の原因にたどり着く? 調べると言っても、画像ではわからない。 問診は重要。 触診は最大。 関節を曲げたり、伸ばしたりする。 外側に開くことで、意外な原因にたどり着くこともある。 患者さんにとって、最も大事なのは「執着」しないこと。 難しい言葉ですが、今までの知識にとらわれないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お薬の、「承認基準最大限」の意味

TVコマーシャルを見ていたら、 痛み止めの薬の宣伝が、 気になった。 みんな、勘違いしないで! そもそも、 痛み止め薬とは、何? さらに、 痛みとは何? 膝でも、腰でも、 どこの関節でもいい。 ”痛み”とは何なのか? 痛みとは、 病気ではない。 信号。 気持ちの表現。 感情の表現。 苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康のために始める運動の、注意点。

年取ってから、健康のために、 運動を始めようと思っている人への 注意点! 既に、運動を始めてる人への 注意点! 年をとってから始めた、 健康になるための運動。 病気にならないための運動。 その注意点とは? 無理しないこと。 子どものころは、運動を、 がむしゃらにやることが美徳だった。 量が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝が痛いのは、弱気の心。

冬寒い日に、膝が痛いので、治してくださいと、女性が来られました。 痛いのは、どこですかと、聞くと・・・。 分かりませんと答える。 解らなければ治りませんよ! 教えて下さい。! どこが痛いのかわかりません。? 悪いことは、何もしてないのに、膝が痛い。? 私だけ? 私だけが痛い。? みんなも、同じ! 痛みだから平気! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みは手術や薬では(絶対)に治らない

膝の痛みは、 絶対に治らない。 膝に限らず、 痛くなる原因を求めるだけでは、 治すことはできない。 完治させるには、 完治させる原因を、 積極的につくろう。 軟骨がすり減ったから、 痛くなる。 年をとったので、 仕方がない。 ”原因”があって、”結果”が現れるのではない。 ”良い結果”を表わすた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージをした後、身体が軽くなるわけ?

関節に, 筋肉が及ぼす影響とは。 筋肉の 柔軟性と伸展性 膝の痛みも膝の水も 太ももの筋肉をほぐせば 自宅で自分で治せる 関節の痛みを治すために大事なこととは、 できるだけ正確に 痛いと思う箇所を見つけること。 自分で痛いと思うところと実際に痛いところ かけ離れていることも珍しくない。 一か所だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手当てをする

かなり昔には、 この名前はありませんでした。 ある人が、 不思議なことに気づきます。 この不思議なことに、 「手当」という名前をつけたのです。 医療の専門家でないごく普通の人でも、 簡単に結果が出せるのです。 苦しそうにしている人に、 無意識に背中を擦ってあげました。 すると、苦しみが和らいできたのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の内側が痛い

膝の内側の痛みをうったえる人が多い。 杖を突いて歩く人の多くは、内膝の痛み。 内膝の痛みは、治すことができるのか? 内膝の痛みに悩まされる、高齢者。 若い人の多くは、皿の下が痛くなる。 なかには、膝の外側、膝の裏が痛くなる人もいる。 原因の多くが、太ももの筋肉。 痛みを感じる場所が、的確なほど治療もしやすくなる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more