テーマ:脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の治療に疑問 8

脊柱管狭窄症と診断されても、マッサージで治せるのでしょうか? 若し治せるのなら、どこをマサージするのでしょう。 脊柱管狭窄症に限らず、椎間板ヘルニアでもすべり症でも、 治せるはず。 これらはあくまで、病名であって症状ではないからです。 多くの症状は、痛みやしびれ。 これらの症状は、 たとえ骨の内部が狭くなっているな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問 7

脊柱管狭窄症の診断に、 片方の足だけに痛みやしびれあるのかを、用いることがあるらしい。 それは何故か? レントゲン検査では原因は見つけにくい。 画像診断(CT・MRI)でも、はっきりとは診断しずらいらしい。 東海大学医学部付属病院脳神経外科では、このように報告している。 「熟練した医師が見れば、ほぼ確実に診断できる」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問・6

脊柱管という神経の通り道。 この空洞が狭くなっているので、 神経を圧迫して痛みやしびれが生じると思われているが、 ほんとうにそうなの? 骨そのものは、割れても折れても痛くはない。 感覚(知覚)神経と運動神経の役割が違うので、 痛みを感知するのは骨ではなく感覚神経。 また、神経そのものが痛いのではなく、 身体に異常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問。5

できれば、手術は避けたい。 (脊椎管狭窄症の手術で、痛みの治った人は どのくらいいるのでしょうか?) 術後に、完治したことを報告にくる患者さんは珍しいので、 何割の人が治ったのかはわかりません。 マッサージの治療でも同じ。 施術のたびに、症状の変化をききますが、 すぐに良くなる人は少ない。 病院のように大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問・4

脊柱管狭窄症とは、骨の病気なのだろうか? 痛みなどの症状と、画像から推測するしかない。 年齢も、大いに参考にしているのだろう。 優れた医師でも、見た目からは病名をつけることはできないはず。 あくまで、画像をもとに狭くなっているように見える箇所を、 手術することで実際に医師の目で確かめるしかない。 現実を見ないでは、本当の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問 3

脊柱管狭窄症の治療として、一般的に行われるのが痛み止めや、 血流をうながす薬の服薬? 骨の空洞が狭まっていることが、痛みやしびれの原因と考えるので、 まさか湿布を処方するはずはない。 なかには、痛み止めの代わりに処方することがあるのだろうか? 病名を決めるさい、参考にする脚の痛みやしびれ。 足ではなく脚。 この違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問.2

脊柱管狭窄症とは、どんな病気なの? 病名を宣告された患者さんの中には 脊椎が狭くなる病気だと思うひともいるらしい。 そもそも、脊椎と脊柱管の説明は受けたが、 違いの解った人は少ないと思います。 椎間板の説明も、不充分だったみたい。 縦方向に、狭くなったと思った人もいるはず。 いわゆる、背が縮む方向 病名は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問

脊柱管狭窄症の治療法といえば、 保存療法と手術? 手術は 絶対にしないで。 最後の最後まで、検討すること。 症状が一気になくなると思っている人は、特に注意! 人体にメスは入れないこと。 手術をできるだけしないように思っている医師と、 手術数の多さを自慢する医師。 あなたの担当医はどちら? 痛みやしびれの原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧乏ゆすりの意味?

貧乏ゆすりって、良いこと?悪いこと? 病気による震えでないのなら良いのかも。 悪い癖なら、治した方がいい。 しかし、無意識に引き起こすこともある。 その理由とは? 身体が疲れると、 無意識に伸びをすることがある。 痛いと思うところに、 自然に手がいき擦っていることも。 人間が元々持っている、 病気を治す力。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みは手術や薬では(絶対)に治らない

膝の痛みは、 絶対に治らない。 膝に限らず、 痛くなる原因を求めるだけでは、 治すことはできない。 完治させるには、 完治させる原因を、 積極的につくろう。 軟骨がすり減ったから、 痛くなる。 年をとったので、 仕方がない。 ”原因”があって、”結果”が現れるのではない。 ”良い結果”を表わすた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージをした後、身体が軽くなるわけ?

関節に, 筋肉が及ぼす影響とは。 筋肉の 柔軟性と伸展性 膝の痛みも膝の水も 太ももの筋肉をほぐせば 自宅で自分で治せる 関節の痛みを治すために大事なこととは、 できるだけ正確に 痛いと思う箇所を見つけること。 自分で痛いと思うところと実際に痛いところ かけ離れていることも珍しくない。 一か所だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すねの筋肉が痛くなった

すねをぶつけたわけではないが、すねが痛い。 何故なんだろう? 医者ならなんというのか? どうせ検査して、湿布をくれる。 いや違う、処方してくれて、健康保険で購入する。 すねってなんなの? 骨と筋肉 脛骨と、前脛骨筋等々。 骨は折れても、骨自体は痛くない。 捻挫しても、すねが痛くなる。 ねんざは、骨折?折れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨に、穴をあける

軟骨がすり減って、骨と骨が擦れるから痛い? これは、大昔の説。 軟骨の、補助食品のコマーシャルでも、 動きを助けるとは言っていても、痛みが無くなるとは言っていない。 今は、骨が折れたら、折れたり、ズレた部位を固定します。 骨に、ボルトを使い板を止める。 板の材質は、進歩しているらしいが、ボルトなどで骨に固定しているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動き始めの対処法

人それぞれの、関節痛の原因。 原因は、違うかもしれませんが、動き始めが一番痛いのは共通しているかも。 痛みを完全に治すことも可能ですが、まずは、初めの第一歩。 膝でも腰でも痛くなる原因が筋肉であるなら、硬くなった筋肉を柔らかくすれば、一歩目が楽になる。 整形外科では、骨に、異常が見つからねば、原因が分からない。 骨や血…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

70歳女性の脊柱管狭窄症

腰の痛みのため、整形外科に行く。 画像検査の結果、脊柱管狭窄症。 「2番と3番の間が狭くなって、腰痛を引き起こしている。 服薬しながら、しばらく様子見。 痛みが治まらないようなら、ブロック注射。最悪、手術するとの事」 他の、整形外科では 「腰椎のヘルニアが、今回の腰痛の原因だと言われた」 整形外科での治療はおこなわず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症が治った

昨日治療に来られた患者さんの話を聞いて感じたこと 「医師から絶対に治らないといわれた 脚の痛み・しびれが治ったという、体操教師のお友達の話を聞きました。 「脊柱管狭窄症」なので、治るわけがないと言われたそうです。 身体の全ての関節を、体操してほぐすそうです。 彼女は、医師の治療をただ受けるだけではなく、 自ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体の痛みとは

痛みと神経の関係 神経は痛みを感じるのかそれとも○○を感じているのでは? 温度による痛み 気温差があまりにも大きいと皮膚に痛みを感じることがある。 寒すぎても痛く、熱すぎても痛い 季節が進み、存在の感覚が次第に慣れてくる すると、痛みを感じる温度にも変化が現れる 力による痛み 圧痛点。身体の一部に外部から力を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛で仰向けに寝られない

「腰痛の多くは筋肉に起因している」 医師より 椎間板ヘルニア・変形性腰椎症等と診断を受けている人は 特に骨の病気なので治らないと決めつけぬ事! 腰痛で仰向けで寝られないのは、 お尻から背中の下部付近の筋肉が硬くなっている為。 したがい、 マッサージ・体操・コウケントーなどで、筋肉を柔らかくすれば解決する。 骨に何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛・ぎっくり腰・脊柱管狭窄症

筋肉が引き起こす腰の症状 腰痛 腰の中心部が痛いと 腰痛と言い長期間にわたって症状が続く。 他にも仙骨の左右外側、 背中付近が痛くて 腰痛と自覚するする人もいる。 ギックリとは 明らかに違う痛さなので 治療開始が遅くなるのが大きな特徴だ。 腰の捻挫・ギックリ腰 共に激痛が襲いかかる。 身動きが取れなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more