マッサージのあと、しびれが出た

画像

マッサージ後にしびれが出たのは何故だろう。

そもそも、しびれとは何なのだろう。血流障害あるいは神経の異常、もしくは原因不明?しびれる状態を、言葉で表現するのはとても難しい。辞書を引いても、しびれることとか麻痺としか書かれていない。しかし、おおかたの人は、しびれと聞けば理解できます。正座をして、脚のしびれを体験したことはありますか。腕のしびれ・坐骨神経痛・顔のしびれなど、病気と思われる症状もあります。

しびれは、ある部位の筋肉が、硬くなるときに起こるようです。右腕のしびれは、右の首の筋肉。左の脚のしびれは、左のお尻の筋肉。顔のしびれは、顔の筋肉。左の指先は、左の前腕筋など硬い筋肉が特定できます。筋肉としびれには、関連があるようです。したがって、治療も原因と思われる部位をマッサージすれば良いのです。

マッサージして、筋肉が柔らかくなればしびれも解消することから、硬い筋肉が神経に刺激を加えるのではないでしょうか。正座をして、脚のしびれが起こるとしびれ感とともに一時的に麻痺も起こりますが、しばらくすれば元に戻るでしょう。太ももをマッサージすれば、しびれも麻痺も早く治せます。これは、軽い症状であり慢性化すればすぐには回復しません。神経痛となることも考えられます。

(正座のしびれは、関節を曲げた時に筋肉の付着部(起始・停止)が引っ張られ、太ももの筋肉は硬くなり起こる。
正座以外にも、筋肉を長い時間強い力で引っ張りすぎれば、しびれを感じるでしょう。極端に長い時間ストレッチを行えば、その部位はしびれるでしょう。筋肉と神経には、関連性があるかもしれません)

これらの事から、神経に強い力が加わることでしびれ感になると思います。マッサージ後にしびれが生じたのは、強く擦りすぎたのかもしれません。強すぎるマッサージを気持ち良いという人もありますが、かえって筋肉は硬くなり又、強い刺激に慣れてしまい更に強さを要求するようになるので気をつけましょう。

治療法は
強い刺激によるしびれであれば、強すぎた部位を軽く撫でるぐらいの強さで、擦ります。しかし、その撫でる部位が問題。どこを強く擦ったのかを見極めるのは、なかなか難しいかも。しっかり思い出して下さい。そして、撫でるような強さとは、想像よりも弱いかもしれませんよ。
一日数回を、しばらくの期間続けます。突然の恐怖心に襲われるかもしれませんが、必ず治るのであせらないこと。


小野沢治療室(筋肉科)
筋肉医療技術研究所
  KIマッサージ
  コウケントー(可視総合線)
*カーボン小箱(10本)の販売もします
 町田市中町2-6-23
 042-723-0897

"マッサージのあと、しびれが出た" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント