軟骨がすり減り、膝が痛い

軟骨のすり減りが原因であれば、膝の痛みは治らないのでは。
加齢のほか、すり減りの原因はいろいろあるのかもしれません。
外から注入したり、内から吸収してもその効果はあるのでしょうか。

そもそも、痛みの原因が今だに軟骨にあるとする教育が間違いなのでは。
数字で、治る人の割合が示せるのか?

教科書の通りに理解し、治療する医師たち。
疑問を感じる医師はいないのだろうか。
痛み止めが一時的であることは承知しているのだが他に方法が・・・

痛みを感じる部位を触診すれば、その多くが腱に触れる。
腱以外で付着する場所は痛い範囲が広い。

加齢とともに、膝の内側が痛くなる人が多いように思います。
このことも、筋肉との関係性を示しているのでは。
痛みのため歩くことが少なくなる。
そのため、筋力が弱くなりマッサージしても治らなくなる。
筋力の低下は、薬やサプリではふせげない。

「治すために何をすればいいですか?」との質問に、楽しく継続できることと答えるしかない。
何をすればよいのかわからない人の多くが、効果の期待できそうな情報に流されてしまう。
結果が出る前にすぐに別の治療法に乗り換えてしまうのでは?

マッサージで治る人は、ある程度の筋肉が必要。
筋肉を柔らかく、強くする。
治らなくなる前に、すぐに実践しなければ治せなくなる。

小野沢治療室
筋肉医療技術研究所



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント