マッサージで腰痛を治すのは難しい?

整形外科で、腰痛と診断された場合
完治するのは極わずか。
手術することで、中には痛みを感じなくなる人もいる。
脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア等、
診断名が違っていても、
結果は変わらない。
最終的には、湿布と痛み止め。

そうした中、
マッサージを試される方もいると思います。

「リンパマッサージ」をご存知ですか?
”紺野義男”先生が、
特許を取り、広く普及された治療法。

関節等、病気の痛みの原因は、
筋肉の異常であると考えられた。
治療法に気づくきっかけとなったのは、
陸上選手であられた先生が、
競技の補助として行ったマッサージで、
友人の病気(喘息)が治ったことだったのです。

『自分で治せる病気』等の著作で、

医師でなくとも、自分で病気を治せることを
教えてくださいました。

今回は、
このリンパマッサージで、
脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア(次からはこれらを「腰痛」と表現します)の
痛みの治療が可能かどうかです。

マッサージでは、
腰痛の原因は筋肉であると考えています。
たとえ、
映像診断ではっきりと骨に異常があったとしても、
筋肉をマッサージすることで治せるからです。

腰痛の治療で一番難しいのは、
原因の筋肉を診断する事。
複数の筋肉が原因のこともあります。
治療の経過中に、
原因の筋肉が変わることもある。

リンパマッサージで腰の筋肉を擦ろうとすると、
身体の表面に近い筋肉しかほぐせません。
リンパ液を流すように擦るので、
深部の筋肉までほぐれてくれません。
症状が軽いうちであれば、
浅い筋肉をほぐすことで痛みを治せますが、
多くの方は、深い場所にある筋肉が原因であるからです。

整形外科では、
腰椎の5番6番、仙骨などに原因を求めるようです。
脚のしびれが確認されれば、
検査しなくとも診断してしまう医師もいる?

マッサージで治療する筋肉を判断するには、
より具体的に痛く感じる場所を探す。
患者さんによっては、
お尻の筋肉やおなかの筋肉が
原因していることもあります。

筋肉痛と関節痛
その違いとは?
腰痛の場所とは、
腰椎や仙骨と筋肉が付着しているところ。
表面を擦っただけでは治りません。
うつ伏せだけでなく、
横向きにしたり、
あおむけでほぐす必要もある。

深い部位の筋肉まで触診できる治療師に
手当てしてもらうことをおススメします。

小野沢治療室
筋肉医療技術研究所

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント