脊柱管狭窄症の治療に疑問・4

脊柱管狭窄症とは、骨の病気なのだろうか?
痛みなどの症状と、画像から推測するしかない。
年齢も、大いに参考にしているのだろう。

優れた医師でも、見た目からは病名をつけることはできないはず。
あくまで、画像をもとに狭くなっているように見える箇所を、
手術することで実際に医師の目で確かめるしかない。
現実を見ないでは、本当の病名をつけることはできず、あくまで”疑い”。
”脊柱管狭窄症の疑い”でしかない。

脊柱管内の空洞が狭くなることが、
痛みやしびれの原因と考えられているようだが、
症状が現れた後、休息することで、痛みが和らぐことがあるらしい。
身体の姿勢を変えることで、症状に変化が起こる?
骨に原因を求めていては、これらのことをどのように説明するのか。

脊椎とは、積み木のように、骨と骨が積み重なった構造です。
首の骨、背中の骨、腰の骨等、それらを構成する骨の数も
すべての人に共通している。
骨と骨の間には、クッションも具わっている。
構造的には、身体を前傾させても、神経に刺激を与えるとは思えない。

症状の出る原因が、筋肉であるとすれば、
痛みやしびれに変化が起こることの説明がしやすくなる。

動かし続けた筋肉は、硬くなる。
最高に硬くなった状態が、こむら返り。
ふくらはぎに症状が起こりやすいが、身体のどの部位の筋肉にも起こる。
腸骨と背骨の間の筋肉がつることを、ぎっくり腰という。

筋肉が原因であれば、手術を行わずに治療することが賢明だと思うのだが。
手術でなければ治らない人も、いるにちがいない。
自分でマッサージやストレッチするしか治せない人もいるに違いにない。

どのように判断すればよいのだろうか?

又、次回。

小野沢治療室
筋肉医療技術研究所

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント