膝の痛みと軟骨

「膝の痛みが治らない。
ますます痛みが増してきた。
とても不安になり、レントゲンを撮ってもらうと
医師より膝の痛みは軟骨がすり減っている為と診断された。
40代半ばなのでしょうがないと思ったが
膝の痛みは消えない。」

私の友人はこのように訴えている。

どのような治療を受けたのか尋ねると
「膝にコードを巻かれピクピクされた。
たまに注射を打たれ痛みを取ってくれた・・・・・・」

治療を受けるまでに混んでいた為数時間待ったそうだ。
もうくたくた。しかし痛みは消えない。

サポーターをしていたので
かえって筋肉が衰えるので使わないように言いました。
痛いからといって安静にするより
軽く動くことを勧めます。
筋力が衰えないように。

錠剤の服用の事を利かれましたが、
飲んでも無駄と答えました。

私の治療室に来られ触診したところ、
太ももの筋肉がとても硬く
これが膝の痛みの原因であることを伝える。

左右ともに太ももの筋肉が硬く特に左側が硬い。
特に左が痛いということに関連があるはず。
太ももだけでなく、
ふくらはぎやお尻の筋肉も硬くなっている。
下半身全て疲れているのだろう。

実家から今の場所に来てから痛くなったという。
平原で暮らしていたので山坂の多いここでの生活は、
脚に大きな負担となったのでは?

友人の膝の痛みの原因は
明らかに太ももの筋肉。

マッサージして筋肉をほぐせばすぐに治ると伝えたが
「なんこつ」と言われたと助言を受け入れようとしてくれません。
金銭的にも保険の利かない治療は大変だと言います。

注射をしてもらうと痛くなくなると言いますが
治ってはいません。
一時的に感じないだけで又痛くなる。
でも友人は一時的でも痛くないほうがいいのです。

「安い治療を1年続けて治らないより高くても治る方がいいのでは」
とアドバイスしなんとか納得してくれました。

膝の外側が一番痛く内側も少し痛む、
その為
先ずは大腿四頭筋の外側を
良く擦ります。
そして真ん中の直筋。
さらに膝上の内側の筋肉も。
坂道を良く登る為お尻の筋肉もほぐしました。
(坂を下るときは直筋がよく疲れる)
ふくらはぎもほぐします。
特に外側とすね。

炎症がある場合、コウケントー治療します。

早く治すために、
自宅でも毎日自分でマッサージするように言いましたが
実践できてるかな?

なんこつが減っていても膝の痛みは治ります。
太ももの筋肉が柔らかくなれば良いのです。

膝の痛く感じる所は硬くなった筋肉の停止部あるいは付着部。

筋肉が関節にこびれ付き
時間の経過とともに硬くなり痛さが増すでしょう。

湯船につかると痛みが和らぐのは
筋肉が暖かさで緩む為。

寒い朝は膝が特に痛むのは寒さゆえ。

こびれ付きは定期的に手入れしないとほぐすのが大変になる。
したがい、これからは積極的に予防しましょう。
月に一度以上は筋肉に詳しい先生を探してマッサージ。

スポーツ選手は若くても練習しすぎると膝痛で歩けなくなる。
検査をすれば軟骨といわれるでしょう。
練習で硬くなった筋肉をマッサージすれば痛みは治ります。
若さゆえ鍛えた筋肉ゆえに、完治までの時間は早い。

マッサージ以外にもストレッチ、柔軟等で
太ももの表側を伸ばしてみてください。
ただし一度に長い時間、または伸ばしすぎはダメ。
マッサージは強すぎないで。強くても早くは治りません。
一日数回に分けて行なえるといいですね。

大切な友人のために

小野沢治療室(筋肉科)
筋肉医療技術研究所
町田市中町2-6-23
042-723-0897
 KIマッサージ
 コウケントー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック