ぎっくり腰をその日のうちに治す

朝起きようとすると腰に激しい痛み。
身動きが取れなくなってしまった。
重いものを持ち上げた瞬間、腰がギクッとして起き上がれなくなった。
これがギックリ腰なのかなと思いながらすぐ医者に行くべきなのか、
それともこのまま横になりじっとしている方がいいのかと不安になる。

ギックリ腰という名前は聞いたことはあっても意外と知らないこの病気。

正式には急性腰痛症といい筋肉の病気です。

筋肉が引き起こす病気の研究は
ほとんど進んでなく治療法も知られていません。

ここで筋肉の仕組みを学んでギックリ腰を一日で治しましょう。


ギックリ腰とは?
動き過ぎ・寒さ・長時間同じ姿勢でいるなど様々な原因により
筋肉が硬くなりその為腰の筋肉が激しくつってしまうことを
ギックリ腰といいます。

腰の筋肉(腰腸肋筋・胸最長筋など)が
疲労などで硬くなった為に起こる病気で、
骨・椎間板がおかしくなったのではありません。

検査で骨の異常を言われても
筋肉をKIマッサージすれば治ります。

急性腰痛症(ギックリ腰)は筋肉の病気。
では何故腰の筋肉にこのような事が起こるのでしょうか。

筋肉の疲労が原因
陸上の選手が毎日の練習で疲れがピークとなり
走っている最中に突然脚がつってしまった。
疲労の為に筋硬直を起こした為です。
筋肉は疲労が積み重なると硬くなるので
”つる”ということが起こります。
腰の筋肉も同様で、
常に身体を支えているので負担は大きく
筋肉が硬くなりやすいでしょう。

筋肉疲労は画像検査には映りません。
本当に悪い所を特定できないでいるのです。
原因が解らないので治療法も無くただ安静にするだけ。
せいぜい痛み止めか湿布を渡されるだけでしょう。

これでは完治するのに長期間を必要とすることになり、
最悪治らないこともあります。
出来るだけ早くからKIマッサージを行なえば
最悪の事態は免れます。
このことをしっかりと覚えておきましょう。


治療法を覚えよう
ここでは、ギックリ腰を短時間に治す方法を学びましょう
最も大事なのは、
すぐに擦る(マッサージ)こと

まず痛みを感じるところを、軽く擦ります。
出来るだけ軽く、しかも長い時間KIマッサージをします。

ここで注意しなければいけないこと。
それは絶対に強く擦らない。

早く治したいとの思いで強めにマッサージをすると、
もっと痛くなります。
このことは絶対に守ってください。

軽い力で、できるだけ長い時間擦ります。

具体的な時間は症状の程度により異なります。
マッサージ効果は、
擦ってすぐよりも、翌日になってからのほうが、実感するはず。
人により翌日やや痛くなることもあります。
強すぎたかもしれません。
しかしそのまま軽く擦れば治ります。

私自身の体験。
朝起きるとき腰の左の辺りがギックリ腰に。
そのまますぐにKIマッサージをしまた。
3時間ぐらいで痛みは消え去り動けるように。
翌日には普通に患者さんのマッサージができました。
すぐに対処できた結果です。

大切なのは、すぐに擦ることです

対処が、遅くなったとしてもKIマッサージを続ければ完治します。
継続することが大事。

予防の為にも出来るだけ楽しく体操やストレッチを続けましょう。
みんなで行えば続くはず。

小野沢治療室(筋肉科)
筋肉医療技術研究所
 KIマッサージ
 コウケントー(可視総合線)
町田市中町2-6-23
042-723-0897

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック