冬和春子がすすめる、筋肉科

冬和春子がすすめる、筋肉科

筋肉科 ほとんどの人が聞いたことがありません
どのような治療を行なっているかを、春子さんに聞きました。

腰(腰椎)に、ヘルニアまたは骨の間がせまいなどの症状があれば、通常牽引(腰をひっぱる)したり、電気をあてることが多いですね。これは、痛み・しびれは骨が原因であると思われていたからです。その為骨のゆがみ・狭窄を医師の考える正しい状態に戻そうとしているようです。
しかし、筋肉科では、痛みやしびれの原因を、筋肉の疲れによる筋委縮(筋委縮症とは違う)と、考えました。疲れた筋肉は、硬くなる。硬い筋肉は、骨の痛みやしびれ神経の働きを狂わせる。そのためにKI(筋医)マッサージの有効性を訴えます。関節の痛みと筋肉の関連性についてはスポーツ選手であれば理解しやすいですね。

これら痛みやしびれなどを、筋肉をほぐし柔らかくすることで身体の異常が治ることを、筋肉医学研究の筋野先生が発見されました。生前は数々の著書を著し、治療でもご活躍されたようです。

実際には、どのような方法で治療するのでしょうか

具体的に、紹介します。

痛む場所が必ずしも悪いとはいえない。
最大のポイントです

頭痛を例に紹介します。ズキンズキンと脈打つような頭痛がする時、脳の異常が心配で脳・外に行かれたかは多いと思います。本人の心配とは裏腹に問診の時点で「検査は必要ありません」と切ない思いで帰宅。
このような方の多くは、首の筋肉の疲労でしょう。首の筋肉が硬くなると頭痛となって現れます。頭痛といっても痛む場所は人によって異なる(側頭部・頭頂部など)ので擦る場所も違いますが、おおよそ首の筋肉と覚えてください。(くわしくは斜角筋・頚最長筋など多数)脳の病気ではないので左右交差せず痛む側の筋をほぐしましょう。
実際に悪い個所は頭の痛みは首であり、膝の時は太ももと痛むところとは異なると理解して下さい。

    筋肉医療技術研究所
         小野沢治療室(筋肉科)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック