テーマ:軟骨のすり減り

背中が痛いので病院に行くことに。

腰でもない 首でもない 肩でもない 背中が痛い・・・ 肩甲骨でもないし、背中。背中が痛い。 私のいう背中とは、脊柱?背骨?それとも肋骨? 医者に説明するのは難しい。 なんて説明すればいいのか、 わからないし、わかってもらえないのでは。 レントゲンでは、異常が見つからない。 自分自身では、背…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の内側が痛い

膝の内側の痛みをうったえる人が多い。 杖を突いて歩く人の多くは、内膝の痛み。 内膝の痛みは、治すことができるのか? 内膝の痛みに悩まされる、高齢者。 若い人の多くは、皿の下が痛くなる。 なかには、膝の外側、膝の裏が痛くなる人もいる。 原因の多くが、太ももの筋肉。 痛みを感じる場所が、的確なほど治療もしやすくなる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨に、穴をあける

軟骨がすり減って、骨と骨が擦れるから痛い? これは、大昔の説。 軟骨の、補助食品のコマーシャルでも、 動きを助けるとは言っていても、痛みが無くなるとは言っていない。 今は、骨が折れたら、折れたり、ズレた部位を固定します。 骨に、ボルトを使い板を止める。 板の材質は、進歩しているらしいが、ボルトなどで骨に固定しているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「加齢により,痛みとうまく付き合えるように」

「加齢により、柔軟性が無くなり…」 「加齢により、軟骨がすり減り・・・」 これらの、説明をされて、落ち込まないこと✌ これら、脅しのような、言葉は、事実かもしれない。 この言葉を聞いて、落ち込む人は、あなただけではありません これらのことは、事実かもしれませんが、無くなっても、すり減っても、ダンスをしたり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋肉―骨との関係

骨と筋肉には、密接な関係がある。骨だけでも筋肉だけでも歩くことはできない。 骨の役割は、骨格と造血。身体を支えることと、血をつくること。 筋肉は、その骨を動かす、すなわち身体を動かす。 筋肉が骨に付着し、その収縮によって体が動くことになる。 筋とは、「スジ」とも読む。スジと肉が一体となったもの。このことを筋肉という。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関節痛は動き出しが一番痛い?

目覚めて起き上がる時。 動き出す時。 立ち上がる時。 自分だけではない!すべての人が同じ理由から悩んでいる!! 動いているうちに、痛みが和らぐのは何故? 骨の異常、軟骨組織の長期間的変化・・・・これらの理由から、説明できるのか? 変形がもたらす痛みであるのなら、時間的経過による変化はありえない。 しかし、鎮痛薬を服…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟骨の働きの一つ

「膝関節の動きがスムーズになる?」 軟骨のすり減りと、膝の痛みを関連あるものと思い込まされてはいないだろうか。 「軟骨は、関節の動きをスムーズにする」 このような宣伝に消費者は勘違いしてしまう。 「スムーズになれば、膝の痛みが治る」と。 失われた軟骨の量の増減が痛みと関係すると、思い違いを起こす人も多い 膝痛で苦しむ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加齢のため「力が無くなった?」

お医者さんに、「力がでなくなった」と言った。 すると医者は困った顔をして「年のせい」と責任のがれ! 原因が解らなければ、当然、治療法も解らない。 年と共に、「力はなくなるのだろうか?」 力とは、そもそも何? ルネ・ユイグ氏は著書で「かたちと力」の関係を述べられている。 ここでは、専門的なことは述べません。 「力とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「グルコサミン」と変形性膝関節症

「グルコサミン」の言葉の意味を知っていますか? あるサプリの広告です 「動くときの、膝関節の○○が改善 この文を読んで、膝の痛みが治るのではと、思われる人に注意。 どこにも”治る”とは書かれていません。 老眼鏡を使用してやっと見える大きさの文字で書かれている注意書きの一部です。 「・・・ただし、特定保健用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての捻挫

同級生のハタ坊ーが、初めて捻挫をした。 捻挫の治し方は、簡単。誰にでも、すぐその場でできる。 まず、くるぶしを触り、激しい痛みがあれば、その周辺を軽く擦る。赤ちゃんの頭をなでるように。こんなに軽くて効果あるのっていう程度。 捻挫した直後なら、20-30分も擦れば、腫れはひいてるし、痛くもならない。 そして、捻ったときにすねの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”軟骨成分の違い”によって、治りの早い遅いはあるのか?

このタイトルを見て、自分の膝等の関節痛に関係あるのではと思ったら、注意が必要! 騙されやすいのかも・・。😢 軟骨補助食品には、明確に膝痛との関連性は示されてはいない。ただ、可動域が広がるだけ。スムーズになるとしか宣伝されていない。 かかりつけ医から「あなたの膝痛は、加齢による軟骨のすり減りが原因」とレントゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「本当の軟骨成分」に騙されない!

膝の痛みで、長いことくるしまれている人は注意して。 医師から、膝の痛みの原因が軟骨にあると聞かされている場合は特に注意が必要 何故なら? 「痛みの原因=軟骨」と無意識のうちに思い込んでしまっているため。 膝の関節が痛いというのも、思い込みのことが多い。 実際に痛む場所を、触診(触らせてもらう)してみると、骨と骨のこすれるところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟骨成分が柔軟性を左右するか?

膝の軟骨が膝痛と関連あると思っている人は少ないと思うが・・・ コマーシャルで、「本当の軟骨成分」で関節の柔軟性が増すと宣伝していたが真実なのか。 製薬会社が「軟骨成分」と言っただけで、膝の痛みが取れると思い込む人々が多いことに驚かされる。 コマーシャルでは、柔軟性のことしか言っていない。 仮に、柔軟性が増せば痛みはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みの最善解決法

膝の痛みの原因が、太ももの筋肉の障害であるならば、その治療法は太もものマッサージが一番良い。 レントゲン検査の結果、軟骨組織の障害と診断されたのならば、その治療法はマッサージ。 CT・MRI検査の結果が、軟骨のすり減りと言われたら、その治療法はマッサージするしかない。 ただし、検査した時期にもよる。 20代の検査なら、最善の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more