テーマ:膝の痛み

軟骨成分が柔軟性を左右するか?

膝の軟骨が膝痛と関連あると思っている人は少ないと思うが・・・ コマーシャルで、「本当の軟骨成分」で関節の柔軟性が増すと宣伝していたが真実なのか。 製薬会社が「軟骨成分」と言っただけで、膝の痛みが取れると思い込む人々が多いことに驚かされる。 コマーシャルでは、柔軟性のことしか言っていない。 仮に、柔軟性が増せば痛みはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みとビタミンX

膝の痛みを治すにはビタミンは有用なのか? ブラジルの友人から、「日本で暮らしていた時、膝痛の治療のためにビタミンを服用していた。種類を忘れてしまい教えてほしい」と連絡があった。 膝の痛みに効果あるビタミンは存在しただろうか? 友人には 「vitaminas sao aquelas que susentam a saude N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝が曲がらない

膝が曲がらなくなる原因として考えられるのは 筋肉 特に、大腿四頭筋 中でも、大腿直筋 骨や軟骨 骨のすり減りが原因とは考えにくい 軟骨のすり減りなど、原因の理由になるのだろうか 大腿四頭筋とは? 太ももの筋肉のこと 太ももには、大きく分けて、曲げる筋肉と伸ばす筋肉がある 曲げるのは、太もものうら(大腿二頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みの最善解決法

膝の痛みの原因が、太ももの筋肉の障害であるならば、その治療法は太もものマッサージが一番良い。 レントゲン検査の結果、軟骨組織の障害と診断されたのならば、その治療法はマッサージ。 CT・MRI検査の結果が、軟骨のすり減りと言われたら、その治療法はマッサージするしかない。 ただし、検査した時期にもよる。 20代の検査なら、最善の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨をマッサージする

膝痛を治すには、太ももの筋肉をマッサージする 太ももの筋肉の中でも、大腿四頭筋をマッサージする 大腿四頭筋の中でも、大腿直筋をマッサージする 大腿直筋の中でも、付着部をマッサージする 付着部とは? 筋肉と骨の接点 膝痛の場合、脛骨の上の方 皿の下付近 人の付着部を見る機会は少ないので 鶏モモ肉をイメージして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みと内膝の痛みは違う症状

膝の痛み(膝以外でも)で最も難関なのが、痛みを感じる場所を特定すること もちろん一か所が痛いだけでなく、複数個所痛むケースもありうる 大腿骨と脛骨、あるいは腓骨の接触面が痛いのであれば骨頭部のすり減りや軟骨の減少といった理由もありうるかもしれない。 もし、接触面でなく大腿骨、脛骨に痛みがある場合は、何故なのだろうか。 患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ?膝が痛くなったのか

膝が痛くなる色々な理由のうちの一つ 知識だけで智慧ではなかったから 解剖学的、生理学的な理論だけを教えて、生活法を教えなかったから 加齢とともに起こる避けることのない構造的変化 いわゆる、軟骨のすり減りや骨の異常 企業、マスコミに経済的理由に理論を利用されることに気づかぬまま その知識に執着することになった 本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体の痛みとは

痛みと神経の関係 神経は痛みを感じるのかそれとも○○を感じているのでは? 温度による痛み 気温差があまりにも大きいと皮膚に痛みを感じることがある。 寒すぎても痛く、熱すぎても痛い 季節が進み、存在の感覚が次第に慣れてくる すると、痛みを感じる温度にも変化が現れる 力による痛み 圧痛点。身体の一部に外部から力を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関節痛?筋肉痛?

膝の痛み、腰の痛み、肩の痛み・・・・。 これら関節の痛くなる原因を、筋肉に求めるとどうなるか? 先ずは筋肉 毎日、食肉を見ている主婦の方でも、以外と筋肉を知らないらしい。 牛や豚の肉では極薄くスライドされたものしか見ないので、鶏肉を思い浮かべて。 鶏モモを全体的にみると、脚の形をした肉のかたまりと皮。 このかたまりは、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みにサポーターは必要か?

膝の痛みを乗り越えるため、 サポーターを想像しないだろうか。 サポーターをとは、 守ること。サポートすること。 ヘルプでもない。助けることでもない。 要するに、痛みを治すのではなく、 痛い足で歩くのを手助けするのが目的。 痛い膝の治療へ行けども、 医者の手当ては湿布の処方箋を書くこと。 現今、薬は薬局と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の水って何?

無色透明の液体 膝関節付近に溜まる水とは、 リンパ液のこと。 血液同様に、 全身を循環している体液。 切り傷から、 赤い液体と共に目にする 透明の液体。 血液は、 酸素などの栄養を運ぶ、 リンパ液は、 老廃物を体外へ排泄してくれる。 血管からにじみ出たリンパは、 ごみの収集を終え、 毛細リンパ管、リンパ管、リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しゃがみ過ぎは膝が痛くなる

農作業される方の多くは、日常的にしゃがむことが多くなるのでは。 主婦業も、トイレや風呂の掃除など知らず知らずのうちにしゃがんでいた。 膝が痛くなる原因の一つに、同じ姿勢を無意識のうちに日常化していることがあげられる。 無意識であるから、本人は決して気づかない。 気づかないから、治療法も見つからぬまま、不安に襲われる・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立ち上がるのが大変になったら”お尻”?

寝起きやイスに腰かけていた後、 立ち上がろうとしたら足に力が入らずに心配している人に。 このことは、ごく当たり前、誰でも同じなのだけれども、 心配で相談されることが意外に多い。 手足を動かすには、意識が必要。 動こうと意識した結果、 運動神経が働き筋肉が動かされる。 筋肉は動き始めはまだ硬く、 柔軟性に欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイクリングの後、かかとが痛くなった

しばらくぶりに長距離サイクリング やや強めの風の中、海岸までいく 固定式サイクルトレーナーを使用して脚力に自信が持てるようになった 帰り道、時速30Kmを超える人に必死で着いていくことができた 自宅直前の急な坂道、両脚の内側広筋がつり地面に足を下すのがとても怖かった かかとの痛みを、マッサージで治すにはどこを擦ればいいのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避けられぬ膝の痛み

動かしすぎ・使い過ぎによる膝痛や関節痛。 筋肉の緊張緩和(マッサージ・コウケントー等)によって、解決させられる。 しかし、ただ解決させるだけでなく、老後の対策として活用していきたい。 短期間で自身の持つ体力閾値を超えた場合、すぐに治療開始すれば信じられないほど短時間で治療効果があらわれるのだ。この治療体験が、困難全般における自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝が痛い人は、散歩した方がいいのか?

膝痛の治療をしながら、 「私も散歩した方がいいのかな」と 思ったことはないだろうか。 すると疑問が生じる。 「骨に悪い影響があるのでは」 疑問を克服し散歩に出ることにした。 しかし続かない。 「もっといい方法があるのでは」 何のために散歩するのだろう? 脚のため、 関節のため。 骨のために、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動不足解消と主婦

体重が増えたので、散歩しなくては。 でも続かない。 TVの健康番組で、膝のための足上げ体操を特集していた。 妙な格好を繰り返すだけ。人前では見せられない格好。 でも、これならできるかも。 実行してるけれども、結果が現れるにはもう少し時間がかかる。 あと、どれくらい? お食事会での会話で、 どこで仕入れたのか分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手の指に関する治療法

手の指に関する症状 痛み しびれ 動きに関する症状(ばね指等) 床屋さんの場合 「小指が突っ張る」 私たちがハサミを使うときに ハサミの穴に入れる指といえば・・・・・。 人によって、使う指が異なるかもしれないけれども、 ほとんどの人は親指を 使いっていませんか? よく動かす指が、 疲れて症状が出る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩き方で膝の痛みに違いが生じるのか

膝の痛む場所は実は色々。 本当に痛いところを医療従事者に伝えるのは至難の業。 中にはいい加減な話の聞き方で検査し、 湿布をよこすものもいるようだ。 先日、母校の応援のために、箱根駅伝を現地まで見に行った。 一流の選手の走るスピードは 私のサイクリングの平均速度よりも早いかもしれない。 私は、学生時代、陸上短距離をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半月板損傷の手術を迷ってる

半月板損傷による膝の痛みの治療法には、 ・太ももの筋肉のマッサージ ・コウケントー ・抗炎症薬(湿布や塗り薬) ・手術 などがあります。 痛みの治療以外にも、精神的な治療が必要な人もいます。 現在の苦痛だけでなく、 未来への不安により症状が悪化することも考慮すべきでは。 強い意志と、正しい価値観の確立。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小野沢治療室 コウケントー無料体験

お知らせ コウケントー(可視総合線)治療を体験してみませんか 治療開始日から1ヵ月間4回まで無料 1回だけでも4回で治療を終えてかまいません 2016・12・28で 体験期間は終了しました 無料体験にお越しいただきありがとうございました ご質問等ありましたら、お電話お待ちしております 無料期間を終了後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立ち上がるときに膝裏が痛い

「立ち上がるときに膝の裏が痛くなる」と、 悩む人は意外に多い。 膝裏の痛みは、 階段を降りる時や物を拾うときなど、 生活に支障をきたしかねない。 では、その原因はいったい何? 軟骨組織の老化や骨の変形では、 説明するのは難しいのでは・・・。 神経・血液・リンパ等も関係あるはず。 最も忘れられているのが、 筋肉。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛みの予防のしかた

膝の痛みを訴える人はいかにも多い! but,痛みの原因は人によって様々です。毎日のように目にするコマーシャル。信憑性の疑わしい広告であっても、つい手が出てしまう。一度、間違った情報に洗脳されてしまったが最後、真実を信じることができなくなるのでしょう。 身因性の膝痛 では、痛くなる原因とは。骨・軟骨あるいは筋肉。老化あるいは運動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー 膝 痛み 

サッカーで 膝が痛くなったら どうすればいいのだろうか? 整形外科やスポーツ医療を行なうところへ行くべきか。 若い選手は 骨には異常がありませんと 言われることが多いし MR等詳しく検査をすると 半月板の損傷ですと言われ、 重症になったのかと勘違いする。 炎症を起こしてます と言われたが、 冷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下りのエスカレーターと膝痛

膝の痛みと筋肉の関係(筋肉が硬くなると膝が痛くなるのは何故か) 簡単な実験をしてみよう。 ベットから立ち上がる時に、 太ももの表側(大腿四頭筋)をつかみながら立ちあがってください ・・・・・決して転ばないように・・・・・・。 太ももが硬くなるのが解るでしょうか。 膝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝が痛い時に歩いてもいいの

膝が痛いのに、運動をして良いのか疑問に思う人へ 痛い時に歩くのはとても心配があるのでは。動くことでより悪くなったらどうしよう? 安静にするように勧める人もいる。水中歩行なら膝に負担をかけないのでは・・・・・・・。 膝の痛みといっても実は色々だ。 皿の上、膝の内側、あるいは膝全体が痛む。階段を上る時と降りる時では痛さが違う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙骨マッサージで足のしびれを治す

足のしびれをマッサージで治す しびれと筋肉の関連性を考えよう。足のしびれは仙骨周りの筋肉の疲労が原因と考えてみる。足のしびれを訴えるのはある程度の年齢を重ねた人、運動量が自らの閾値を越えた人にも多く見られる。若年者といえども筋疲労が多くなるにつれしびれ感が伴うであろう。運動量が少ないといえども筋量が少なければ発症が考えられる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝痛になるように実験

身体を動かし過ぎ、あるいは長期にわたり動かなかった場合に筋肉が硬くなり、その結果、膝が痛くなる。ここでは、動かし過ぎによる膝痛発生を数日間にわたり実験してみる。 「まずは、50歳の男性に、スクワットをしてもらいました。回数は50回。普段、運動をほとんどしない人なので、40回を過ぎると太ももは痛くなり、途中で中止。少し休んで、今度は20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"片方の膝だけ痛い"人は太ももを擦ろう

冬になると膝が痛みだした。 検査の結果、 膝の軟骨がすり減っているとのこと。 私は七十代の女性、 痛み止めで我慢するしかないだろう。 太っているので医師からはやせるのが大事と、 散歩を勧められました。 しかし、今年の冬はとても寒く散歩を続けるのが大変でした。 "筋肉科"で診てもらい、 軟骨がすり減っている人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正座すると膝が痛い

何故正座すると膝が痛いのか 膝が痛い人のほとんどは脚の筋肉が硬くなっています。 運動のしすぎや日常生活の疲れ年齢による筋力低下など 色々な理由が考えられます。 硬くなった筋肉は 疲労度に応じて縮む為関節などの骨の付着部を刺激し さまざまな症状を引き起こします。 さまざまな症状とは 痛みやしびれ筋力低下など。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more