テーマ:人生

欠陥の悩みがなくてはならない

 錆がついて初めて貨幣にも本当の価値が出てくるというタレスの逆説的注釈は一種の錬金術的パラフレーズであって、その言わんとするところは結局のところ、影なくしては光は存在しない、不完全さなくしては心の全体性は存在しないということ以外の何ものでもない。生の完成のために必要なのは、終結的完全ではなく、持続的完全なのである。そこには「苦の種」が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分だけの特徴

 LSDを売ってより、LSDを使って自分たちを売りこみたいのさ――大学生の連中に。かれらには自分だけの特徴ってものが何ひとつないんだ、ベン。だから自分らの仲間連中と違って見えることに懸命なんだ。 これは現代に生きる若者の苦悩を見事に把えている言葉である。お金があって時間があって、好きなことは何でも出来るようでありながら、「自分だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「知恵の全体性」「知識の個別性」

池田: 個のなかに全体を見出す、生き生きとした感性。宇宙の森羅万象が互いに関連し、依存し合いながら、絶妙なハーモニーを奏でていると見る知見。私がモスクワ大学での二度目の講演(一九九四年五月一七日、「人間ー大いなるコスモス」。)で申し上げた仏法の「縁起」ー”縁りて起こる”とあるように、個別性よりも関連性を重視するーの思想を示す美しい譬喩で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

類は友を呼ぶ

サド―ヴニチィ:ノルウェーの作家H・ヒュドモンドは、「一流の人物の周りには一流の人物が集まる。二流の人物の周りには三流の人物しか集まらない」といいました。  その意味では、モスクワ大学がロシアの学術、教育、文化の最高峰を担う人々を学内に招聘して歴史を刻んできたことは、大変に重要だったといえます。一流の人物は、自身の姿を通し、また自らが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人になって何もできなくなっても

 われわれがアイデンティティを考える場合、何かをすること、したことに頼っているのが多いことに気づく。私は入学試験に合格した。私はあのビルディングを建てた。私は大変なお金をもうけた。この考えが発展してゆくと「一流病」になる。これに対して、タリューラは「何もしないでいる」ことも、アイデンティティを支える要素となること告げている。このことが腹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

己の「存在」の主張

いじわるばあさんは戦後の若者文化に対して、精一杯の抵抗を示す。レストランの不作法なウェイトレスは、ばあさんのこうもり傘の手練でひっくり返される。レストランの主人はばあさんを追いかけてきて、「いつもオレはあのこにゃ泣かされていた」と泣きながら感謝する。これなど、若者のみならず若者に対抗できぬ中年者もこみにして、一喝されているのである。若者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至高経験 マスロー

 至高経験は善であり、望ましいばかりで、決して悪だとか、望ましくないものとしては経験されないのである。経験は本質的に正当なものである。経験は完全で完成してものであり、それ以外のものをなんら必要としない。経験はそれ自体十分のものである。本質的に、必然的で不可避のものである。それはまさにあるべき姿である。それは畏怖と驚嘆と驚愕と卑下、それに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せな晩年を送っていくためには

晩年における最高最大の信心の実証とは何か――財力や地位、名誉等ではない。ありのままの人間としての人格の輝きにある。 皆を包み込む温かさ、人を思いやる心、大いなる理想への不屈の信念、飽くなき向上心――それらが育む精神の光彩こそが、人格の輝きといってよい。 それは、紅葉の美に似ているかもしれない。。木々は、深雪に耐えて芽を出し、天高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自身が「太陽」の存在

ある意味で、生きるということは、宿命の嵐が襲う闇夜を、手探りで進むようなものである。苦悩と戦いながら、必死に活路を開いていかねばならない。しかし、太陽が昇れば、すべては明瞭に映し出される。凍てた大地も蘇り、花が咲き、蝶が舞う。『太陽』とは、我が己心の仏の生命です。 そして、家庭、地域、職場にあって、皆さんご自身が、『太陽』の存在で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の勝利者

諸君の前途は、必ずしも平坦ではないでしょう。待ち受けているのは、疾風怒濤であるとの覚悟が必要です。孤独に感じることもあるかもしれない。絶望的な気持ちになることもあるかもしれない。常に、現実は厳しい。矛盾だらけです。大事なのは忍耐です。そして、何があろうが、”今に見よ!”と、強く、強く、生き抜いていくんです。 たとえ地に倒れることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モラトリアム化

大人になりきれず、無気力、無関心、無責任などに陥る「モラトリアム化」現象が、しだいに青年層全般に広がりつつあった。その解決のためには、自分という存在の根本的意味を知らねばならない。法華経には、その明快な回答が示されている。 それは、皆が本来、この世から不幸をなくし、万人の幸福と平和を築くために、こいねがって妙法流布の使命を担い、悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”今”を勝つ

遠大な未来構想の成就も、”今”を勝つことから始まる。当面する一つ一つの課題に全精魂を傾け、断固として挑み、誇らかな勝利の旗を打ち立てるのだ。今日の苦闘は明日の希望となり、未来の栄冠となって、我らの頭上に燦然と輝く、今こそ、わが生涯を荘厳する、激闘の珠玉の歴史を創るのだ。 『新・人間革命』第28巻 池田大作著 聖教新聞社
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青葉城址

どこかを訪れたら、周囲を一望できる、城や丘などに立ってみることだ。すると、全体の地形がよくわかる。それは、そこで暮らしてきた人々の心を知り、生活を理解する、大自な手がかりになるんだよ。 牧口先生は『人生地理学』で、自然と人間生活の関係性を観察、分析されている。そして、地理的な環境が、物質的にも、精神的にも、また、諸般の生活にも大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありのままの自分

人間が四苦八苦を免れがたい限り、”苦悩との闘争”が生きるということなのだ。だから、さまざまな悩みがあることは、決して恥じるべきことではない。苦悩をかかえた、ありのままの、裸のままの自分でよいのだ。 大切なことは、どんなときにも、負けない、挫けない、たじろがない強さをもつことである。意気揚々と、宿命の転換をかけて、勇んで広宣流布の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人材の宝庫 岩手県

岩手県は、実に多彩な人物を輩出している、人材の宝庫です。 牧口先生とも縁(ゆかり)があり、国際連盟事務局長を務めた教育者で農政学者の新渡戸稲造。政治家では、初の平民宰相として知られる原敬、東京市長も務めた後藤新平、首相の斎藤実、米内光政。文学の世界では、歌人の石川啄木、詩人の宮沢賢治。言語学者の金田一京助もそうです。岩手の厳しい風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生の試練

生きるということは、宿命との壮絶な格闘といってよい。それに勝ってこそ、幸せはある。勝つか、負けるか――その避けがたき現実を直視する時、信仰という生命の力の源泉をもち、何ものにも揺るがぬ人間の芯を確立する必要性を、痛感せざるを得ない。 『新・人間革命』第27巻 池田大作著 聖教新聞社
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性格は変わらない?

「性格は、信心しても変わらないと聞きましたが、本当にそうなんでしょうか」 「性格について、仏法では、”後世まで変わらないのが性分である”ととらえています。 つまり、その人の持って生まれた性格自体は、変わらないということです。 たとえば、細かいことを気にする人がいます。そういう性格の人は、人に何かひとこと言われただけで、不安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏法の偉大さ

体験と聞くと、信心によって、赤字だった会社の収益が何倍にもなったとか、病気を克服したという話を思い浮かべがちですが、それだけではないんです。 ご主人が病に倒れていても、奥さんが強い心で奮闘し、明るく頑張っているということも、見事な体験です。八十代になって腰も曲がり、耳も遠くなっているが、日々、生き生きと、楽しく学会活動に励んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富める人

”富める人”とは、単に経済的、物質的に豊かな人を指すのではない。お金やモノによって得られる豊かさは、それがなくなれば、失われてしまう。したがって、より重要なのは、どんな状況や環境下におかれても、高く大きな境涯で、充実と歓喜を満喫しながら生きることができる”心の豊かさ”である。それこそが、幸福を確立するための根本条件といえよう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”能力”とは”悩力”

人間が大成してうえで、不可欠なものは、悩むということである。それが、自己の精神を鍛え、新しい道を切り開く創造の源泉ともなっていく。人間のもつさまざまな能力は、悩む力、いわば”悩力”の産物であるといっても過言ではない。したがって、”悩力”を身につけることこそ、人間の道を究めていくうえで、必須の条件といえよう。 『新・人間革命』第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青年の生き方

青年が、自分はどう生きるかを真剣に考え、理想をもって現実に向き合い、人生の一つ一つのテーマを見すえていくならば、さまざまな葛藤があるものです。仕事一つをとっても、向上心や改革の思いが強ければ強いほど、悩みは多いはずです。時には、力の限界を感じて、、自分を卑下し、絶望することもあるかもしれない。でも、そこから、どう立ち上がって、人生を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指導者の最も大切な要件

口先だけの決意や、美辞麗句は、人間の魂には響きません。また、最初は、その言葉を信じてくれても、嘘があれば、やがて誰も信じなくなります。つまり、大事なことは、自分の真情を正直にぶつけ、約束したことは、どんなに小さなことでも、徹底して守っていくことです。これが、指導者の最も大切な要件であると、私は思っております。 『新・人間革命』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

できる時にできることをやる

失敗や敗北の、すべてに共通している要因は、できる時に、できることをやらなかったという点にあります。 劇作家シェークスピアは記している。 「いたずらに好機を逸するのは、その人間の怠慢だ」 『新・人間革命』第27巻 池田大作著 聖教新聞社
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華やかな勝者

第二回入学式のメッセージに、伸一は、こう記した。 「何があっても負けない子になってください。どんなにつらくとも泣き虫ではなく、心に太陽をもって進んでいく子であってほしいのです」 ひとたびは華やかな勝者としてスポットライトを浴びても、打ち続く人生の試練に打ちのめされてしまえば、結局は敗者となる。負けない強い心をもった人こそ、真の勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根駅伝 創価大学駅伝部

教育の場にあっては、形を整えることより、実質が大事です。もちろん形式も必要でしょうが、実質のない形式であっては意味がありません。 たとえば、運動会でマスゲームをやる。きちんとそろった、一糸乱れぬ演技をめざすことはいいでしょう。しかし、それは、一つの目標にすぎない。 この目標に向かっていくなかで、児童の体力の向上を図り、協調性を培…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

童心に帰った両親

伸一は、保護者席で言葉を交わした。 「お父さんも、お母さんも、参加できるものには、どんどん参加してください。それが子供の思い出になっていきます」 競技やゲームに、両親が子供と一緒に夢中になることができれば、親子の距離は、ぐっと縮まる。親は、自分でも気づかないうちに、「父の顔」「母の顔」のみで子供と接してしまう。しかし、家族といっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘレン・ケラー

担任の若江が、久藤が義足を使っていることをクラスの皆に説明した。 ”そのことで、からかわれたりすることのないように”との配慮であった。 久藤には、どこまでも強く生きてほしかった。人生には、辛いこと、悲しいこと、苦しいことはたくさんある。また、皆が善意の人とは限らない。むしろ、人の心を平気で傷つけたり、蔑んだりする人がいかに多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恩を知ることによって

児童たちは、何度も頷きながら、じっと伸一の顔を見つめて、話を聴いていた。 「みんなの周りには、みんなのために、蔭で、色々な苦労をして働いてくれている人が、たくさんいるんです。 学校を建ててくださった方もそうです。お父さんやお母さんもそうです。これからお世話になる学校の先生や職員の方たち、また、通学で利用することになる電車の運転手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毒を変じて薬と為す

物事は、順調に運ぶとは限らない。いや、何事かをなそうとするなら、必ず予期せぬ困難が生じよう。その時に、活路を見いだそうと、懸命に知恵を絞り、粘り強く努力を重ねていくなかで、より良い、新しい道が開かれていく。それは、仏法で説く「変毒為薬」(毒を変じて薬と為す)にも通じよう。困難や試練に負けず、すべてをバネに、意気盛んに挑戦していってこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感謝の心

感謝の心から歓喜が湧く。歓喜は意欲と活力と創造の源となる。ゆえに、人生の勝利もまた、感謝から生まれるのである。 『新・人間革命』第27巻 池田大作著 聖教新聞社
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more