テーマ:神経症

働かさず,つくろわず、もとのまま

「かれは、ありのままの人となりとしては、 人びとが受け容れてくれない。 ええ、人びとはかれを『愛して』いる。 ただかれに違ったものになることを求め、 強要し、期待しているだけなのだ! だから彼は、 受け入れられない状態にあらざるを得ないのだ。 かれは自分でそれを信ずるようになり、 ついにはそれを当然のことと考えるようにさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more