テーマ:健康

こむら返り

夜中に突然、足がつった。 しばらくの間、激痛に耐える。 目をさますと、足を地につけられなくなっている。 病院に行くべきか?それともしばらく、様子をみるべきか? ひんぱんに足がつるようになり、病院で相談してみようと思う。この場合、どこに行けばいいのか?周りの人にたずねた。 すると、私だけではなく多くの人が足のつりを経験しているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不安の反動

ユイグ:現代人においては、神経系統およびその背後にある精神の働きは、非常に乱されています。それは、とくに、規模が大きくなり有害性を増しているこうした都市地域においてそうです。こうした前例のない、しかもますます重要度を増している事態を理解するためには、最近よくみられる科学的専門用語のような言葉を新語として使わなければならなくなったのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原子力エネルギーの問題

 池田:とくに原子力エネルギーの問題は、たんに資源の有限性というだけにとどまらず、たとえ、資源は残されていっても、消費した結果として生ずる廃棄物が人類の生存を危うくしてしまいますから、なおさら深刻です。石油資源の場合も、その使用ずみの廃棄物質が大気や水を汚染しますが、原子力エネルギーの場合は、その何倍も大きな危険を含んでいます。  私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家宅侵入し続ける広告

 ユイグ:精神的受動性は、しだいに本物の奴隷状態へ導くでしょう。私も何年も前から”イメージの力”という問題に取り組んできました。広告が、もはや一種の家宅侵入でしかないことは明らかではありませんか。それはいまや独裁政治です。統計によると、ある製品の宣伝が、しつこく命令的に繰り返されると、ついには主婦は、いやでも買うようになってしまうといい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避妊は背徳か?

池田:かつて、人類が人口を抑制する最も手っ取り早い方法は戦争でした。そのほか日本では生まれてきた子を殺す「間引き」も、貧しい民衆の間で行われた、生き延びるための悲惨な知恵でした。今日では、そのどちらも絶対に行ってはならないことです。やはり、人口抑制への、理性的な唯一の有効な方法は避妊でしょう。私は、生まれ出てくるべき子をあらかじめ抑制す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

化学物質を体内に取り込む

ユイグ:私たちの体は、植物または動物の肉といった、生物学的につくられたものを吸収するようにできています。人工的に得られた物質をそこへ無謀に入り込ませることは、その機能を乱す結果になる恐れがあります。私たちの知能は一面しか見ないで満足していまい、直接的な結果しか見ようとせず、こうした問題については間違った計測をしています。そのため、予期し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小野沢治療室

小田急線の町田駅から徒歩で15分位。 町田街道、旧町田街道、鎌倉街道に囲まれた住宅街にあり、鎌倉街道沿いにある「もち吉」というお菓子屋さんのすぐ裏に位置する治療室。 近くには、市役所、警察所、郵便局、保健所などがあり、生活するにはとても恵まれています。 紺野治療室で七年間、学ばせていただき自宅で開業。治療師生活も三十年になりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然との調和

 現代の私たちの社会では、人間が健康と安楽と安全を見つけだそうとする方向は、自然と調和をとった生活でも、季節の法則に従うことでもない。保障とその医学的な補いとで、これらの問題のすべてを解決するように求められている。そして、じっさい、十分な法制、規制、注射によって、人間は大多数の致命的な病気を有効にコントロールできると考えるのも、無理はな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変形性膝関節症と筋肉の関連

 膝の痛みを、内側に感じる場合、変形性膝関節症と診断するらしい。  レントゲンによる診断では、異常を見つけるのはとても難しい。 それは何故か? 骨には、痛みを感じる神経は存在しないからだ。 痛みを感じるのは骨ではなく、筋肉。しかも、筋肉の先端である骨との付着部付近に痛みを感じてる。  原因と考えられる筋肉とは。 半膜様筋、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害を克服する(脳卒中)

 今日、心が脳の働きに影響を与えることができることを否定することは困難だろう。病理学は、脳の左半球の障害によって、読んだり書いたりする能力を失った人が、脳の別の部分がこの機能を引き継ぐように訓練することで、読み書きの能力を取り戻したケースを示してきた。これは、人が卒中の発作を起こし、脳の損傷を受けた箇所を修復する可能性をがまったくない時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害を克服する (視覚障害) 

 器官劣等性は、多くの障害をもたらすが、この障害は、決して逃れられない運命ではない。そもそも、心がそれ自体で積極的であり障害を克服するためために一生懸命働けば、障害を持たずに生まれた人と同じだけ成功して当然なのである。  例えば、少年は、視覚障害のために並外れたストレスをこうむるかもしれない。視力のいいほかの同年齢の子どもよりも、見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四十肩を治す

四十肩、五十肩のマッサージによる治し方です。どちらの病名であっても治し方は同じです。 原因は筋肉。筋肉の使い過ぎや衰えによって痛みという症状を引き起こしているだ。、筋肉をマッサージすれば治ります。 大事なのは、どの筋肉をマッサージすればいいのか。 筋肉と骨の関係とは? 筋肉は、骨を動かすために使用されます。筋肉の収縮作用によって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土踏まずが痛い

足の裏が痛くなることを足底腱膜炎というそうです。 病名のように、腱膜が炎症を起こしているのでしょうか。 足の裏のアーチ(くぼみ)の角度は人によって異なります。 同じ人でも、足の疲れ具合で変化しています。 手のひらも、その構造は足の裏と似ていると思いませんか。 まずは、指の付け根から、手首の間まで窪んでいることに注意してください…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帯状疱疹はウィルス

コウケントーとは、可視総合線による治療法です。 「どんな病気に効果がありますか?」との質問がよくありますが、今回は、ウィルスによる皮膚の病気の治し方です。 「帯状疱疹」あるいは「ヘルペス」といった病名による痛みやかゆみ、赤い斑点の治し方です。 使用するカーボンは 3001-3002 足の裏、膝、腹、腰、後頭部、患部をあてま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めまい・ふらつき

めまいのために処方される薬はあるのか? ふらつきの原因とは? 脳の検査に異状なく、それでも”めまい”や”ふらつき”があるときの治療法として、筋肉のマッサージがあります。そのほか、コウケントー(可視総合線療法)でも治すことができる。 たとえ、三半規管や耳石器に異常があると診断された人でも、首の筋肉の治療をすることで症状の解消は可…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れると吐き気がする

普段とあまり変わらないのに、疲れると吐き気がする。検査にも異常は見つからなかった。心配なので、一日中寝ていた。 背中の筋肉が硬くなると、吐き気をもよおすことがあると聞き、背中をマッサージしてもらったところ、不思議なことにとても楽になった。 特別変わった擦り方ではありません。ただ、肩甲骨周りを。手のひらで大きくマサージしただけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月経による生理痛を治す

コウケントー(可視総合線療法)による、生理痛の治し方。 カーボンは 3001-4008 当てる場所  足の裏  膝 *後頭部 *右下腹部 *左下腹部  腰 **頭痛を感じる部位 (*の部位は一号集光) (**の部位は二号集光) 小野沢治療室 筋肉医療技術研究所
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウケントーでコロナを

コウケントー(可視総合線療法)で、コロナを治すには。 コロナによる症状によっても違いますが、呼吸器の症状が出た場合。 カーボンは 5002-5002 1000ー4000 3000-4008 3000-5000 など。 コロナに限らず、ウウィルス系の治療も可能です。 病気予防のためにも 3000-5000を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝の痛み(半月板損傷)は、手術しない。

半月板損傷による膝の痛みの原因。 筋肉がその原因の大多数を占めている。 医師より半月板が損傷している部位を詳しく聞いてみてください。 痛いと感じる場所と一致してないのでは。 どこが痛いのか本当はよくわからない。 膝だと思っていても本当は膝ではないかもしれない。 痛みを感じる痛覚神経。 その痛覚神経は、半月板には存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痔の治療

痔にはいろいろな種類がありますが、何れの痔であっても大丈夫。 手術を悩む人にはコウケントーを勧めてください。 コウケントーとは、光線治療。 光を患部に直接あてるので、診療所での治療に抵抗のある方は、家庭用の治療器を購入すれば、自宅で治療できます。 治療カーボン、3001と4008で肛門にあてます。 痛みや腫れが治る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋ジストロフィーの診断を受けたのは

悩みのない人生はない。生きるということは、「悩み」「宿命」との闘争といってもよい。大事なことは、何があっても、御本尊から離れないことだ。勇気をもち、希望をもち、敢然と祈り、戦い続けることだ。そこに人は、人間としての強さと輝きと尊厳を見いだし、共感、賛同するのである。 野中が筋ジストロフィーの診断を受けたのは、小学校に入学する前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形外科医に必要なこと

整形外科医には、理論より体験が必要である。 筋肉が”つる”ことを自ら体験しないと、関節の痛みは直せない。 内転筋が”つる”まで脚を動かしたことのない医師には、膝痛の本当の原因を理解することはできないであろう。 ギックリ腰を自ら体験することで、脊椎管狭窄症・椎間板ヘルニアという病名に疑問をもてるようになる。 捻挫した自分の足首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手術後の可動域のリハビリ

膝関節の手術を決断する理由の1つに、痛みがあります。 手術後に、完全に回復した人も中にはいるのでしょう。 しかし、多少の回復である人も多いのではないですか? そもそも、膝痛の一番の原因と考えられるのは太ももの筋肉の質の変化にある。 若いころは、多少の無理にも対応できましたが、 その後、徐々に動きの時間や量に変化が生じます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人工関節は手術後が大事

膝の痛みは、日々の生活に困難をきたします。 長年の、通院にもかかわらず多くの人が悩み続ける。 同じ苦しみの方々の会話で、人工関節の話題が持ち上がりました。 辛さのあまり、危険な手術であることも確認せずに実行することに。 その方は、大いなる勘違いをしていた。 「手術を受ければ、関節が回復し痛みが無くなる。 行動もス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の腰痛にはたくさんの原因

腰の痛みが強くなり、医者に行こうと思うのですがどこへ行ったらいいのか分かりません。 初めに行った整形外科では、「椎間板ヘルニア」が原因だと診断されました。 皆さんと同じで、痛みが治らず別の診療所へ向かいます。原因は「脊椎管狭窄症」。 手術も勧められず、治療法も変わりなし。 生活に困難が起こりまた別の医師に診てもらうことに。 検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正座について

膝が痛くて正座ができない人。 膝が痛くても正座ができる人。 膝が痛くなくても正座ができない人。 膝が痛くなくても正座ができる人。 軟骨のすり減りが正座できない原因だと思う人 軟骨のすり減りと正座は関係ないと思う人 変形性膝関節症が正座できない原因だと思う人 変形性膝関節症は正座と関係ないと思う人 筋肉と正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座る時間が長くなるほど痛くなる

座ることで痛くなる理由。 痛くなる場所で多いのは腰ではないでしょうか。 腰だけでなく、脚や、頭が痛くなる人もいる。 その理由は、原因が骨ではなく筋肉にあるので。 座る時間が長くなると、筋疲労が強くなり筋肉に痛みを感じることになります。 座る時間が長くなっても、骨は変化をしない。伸びもしなければ、縮みもしない。 腰椎すべり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青竹踏みに注意

膝の痛い人は、青竹踏みに注意して! 竹を踏むには、脚の筋肉に力が加わることを知っておいてください。 脚の筋肉のなかでも、太ももの筋肉。 さらに詳しく言うと、踏み込む時のバランスにより、大腿四頭筋や大腿二頭筋に力の強さの違いがおこる。 竹の上に身体を乗せるだけでも、無意識のうちに力が加わっています。 健康のために竹に乗る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独自性の主張

こんにちまで主に力を注がれていたもの、ときには唯一の努力といってもよいものは、つねに診断、つまり個人を類のうちに入れることであった。だが診断は、治療の必要よりも法規上、管理上の必要によるものであることが、経験によりわかってきたのである。いまでは、精神病院においてさえ、だれも教科書に挙げられているような患者はいないことを、次第に認める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足の冷え 足のむくみ

足の冷え 足のむくみを同時に解消しよう! マッサージでこれらの症状を治すには?筋肉をほぐします。疲れて硬くなった脚の筋肉。 脚の筋肉とは、太もも、ふくらはぎ。さらに、足の裏表。 治療を開始する前に、知っておきたいこと。それは?足と脚の違いに注目。足首・膝・脚の付け根(股関節)にも。 関節の周辺には、リンパ液が流れにくくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more