テーマ:健康

最近、足がしびれるように

「外出禁止になり、 それ以降、 自宅で座り続けることが多くなりました。 正座ではなく、 椅子にふつうに座っています。 最近になり、 足のしびれを感じるようになりました」 足のしびれといえば、 ”坐骨神経痛” ”脊柱管狭窄症” そう、検査しても、 原因のよくわからない病気。 座ることが多くなると、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軟骨 量より質を!

最も大事なこと! 真実の成分という知識でなく、 量の減った分、 工夫するという智慧。 軟骨が減るよりも、 硬くなることのほうが、 困難を伴う。 硬くなった軟骨は、 動きを鈍らせ、 安定を失うことになる。 日々の努力で、 柔らかくすることができる。 不要な情報に惑わされることなく、 信念と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホ首の原因と簡単な治療法

スマホ首の最大の原因は? 長時間の使用が、原因であることは わかっているのに、 いまだ、スマホと症状との因果関係が 解明されていないのは何故が? それは、 頸椎がストレートになっている原因を 追究しているため。 本当の問題点は、 さまざまな症状を どのようにすれば治すことができるのかだと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モデルチェンジする軟骨成分?

膝が痛いのを治すために、 筋肉をマッサージしよう! 膝のためには、 太ももの筋肉。 「薬は必ずしも必要ではないが、 回復の自信はいつも必要である。 薬に関する医師のジレンマを いよいよむつかしくするのは、 多くの人が 薬を車と同一視しがちだという事実である。 車も毎年モデルチェンジが行われないと 彼らは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日々症状は変わる

「東洋医学においては、 同じような病気でも 個人によって症状は 全部違った経過をたどっていくし、 また、日々、 患者の症状は変わっていく、 ということが前提にされます。 したがって、 その症状の変化に応じて 治療のあり方を変えていかなくては、 具体的なその患者の病気を 治すことはできないとされます。 東洋医学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偉大な”医術”とは

「この病気にはこの薬を使う」ということを 医者が知っているだけでは 十分ではありません。 個々の患者に医者がどのように質問するかが、 非常に重要なのです。 患者に正しく質問して、 その患者の状態をある程度まで知ることが、 偉大な医術なのです。 同じ薬を使う場合でも、 患者が五十歳か四十歳かで、 全く違うのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロキソニンの処方で悪化するギックリ腰

ギックリ腰と腰痛、その違いとは何か? reレントゲンやMRIでは、その違いは分からない。 治療の方法も間違っている可能性がる。 ロキソニンでは治らないにもかかわらず、 何故か処方される。 ここで大事なのは、薬を飲んだことで 治ったと勘違い。 思い込みを正す勇気をもつことです。 2020年世界は”コロナウイルス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筋肉の病気

筋肉痛と関節痛。 その違いとは? その共通点は、筋肉。 筋肉が硬くなると、痛みの信号が現れる。 関節痛とは、膝や腰、肩などの痛みのこと。 骨と骨との接点である関節。 骨には神経はない。 痛く感じているのは実は筋肉。 筋肉と骨との付着する部位の危険信号として、痛みが発生する。 痛みには、違いがある。 強い痛み、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージで腰痛を治すのは難しい?

整形外科で、腰痛と診断された場合 完治するのは極わずか。 手術することで、中には痛みを感じなくなる人もいる。 脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア等、 診断名が違っていても、 結果は変わらない。 最終的には、湿布と痛み止め。 そうした中、 マッサージを試される方もいると思います。 「リンパマッサージ」をご存知ですか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝る前に読書すると・・・。

突発性難聴と 診断されている人はいないでしょうか? 突発性なので、 原因不明ということ。 したがって治しようがない! 難聴なので、 耳鳴りを伴うこともある。 最悪、 メニエール病に突入。 吐き気もしてきた。 腕がしびれてる? 偏頭痛・・・・ めまいの治療に、 マッサージを試すことに。 始め、 耳鼻科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージ以外で膝の痛みを治すには!

膝の痛みの多くは、筋肉に関する原因から。 膝に限らず、痛みと筋肉には深い関連がある。 マッサージによって、筋肉の手入れはできるけれども これからは、積極的に予防する 脚の筋肉をトレーニングする方法を質問されることがあるが、 おススメは、階段。 スクワットもいいけれど、 長続きしなくては無意味?・・・ 膝が痛い人は、上りよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「骨折」の治療

捻挫を含め、骨折を「コウケントー」で治します。 まず、骨折治療とは? 折れた個所をくっつけるだけではありません。 痛みも同時に治します。 必要ならば、その後のリハビリによって動かせる範囲を広げていく。 「コウケントー」の治療では 骨の修復と、骨折による痛みの治療に効果が”大”。 「骨折」とは、何なのか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「膝の痛み」を治すには湿布をはがすこと

軟骨の減少などのために膝が痛くなったら 湿布を貼らずに 痛み止めを服用しない方がいいのでは 多くの人の膝痛の原因 それは筋肉 筋肉の手入れ方法を学べば 整形外科はいらなくなる 痛みを自分で治すには? まずは どこが痛いのかを詳しく知ることで さらに効果が早くなる ただ膝が痛いというだけでななく 膝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝が痛いのに正座をしてもいい?

正座ができない理由 その多くが膝の痛み はたして膝が痛いから正座ができないのだろうか? 膝が痛くなる原因とは? 正座できなくなる原因とは? 高齢になるとできなくなると思われている正座 その治す方法と予防方法 「膝が曲がらない」 膝とは脚の関節のこと ふくらはぎの骨と太ももの骨が合わさる場所 本当の役割は知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ベル麻痺」をマッサージで治療するには

ベル麻痺を、 マッサージで治すにはどこを擦ればよいのでしょう? 違和感のあるのは、右?左? 右の顔面に症状があるときには 右側の、首の筋肉や 違和感を感じる、顔の筋肉をマッサージすればよいので、自分でも治せます。 左側の人は、左の首や顔の筋肉。 顔面にも筋肉があり、表情をつくるために活躍しています。 顔の筋肉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更年期障害 薬を使わない治療法

更年期障害と診断され、マッサージに来られた50代女性。 症状としては、不安感。 主に、首と肩、背中のマッサージで治しました。 3-4回の治療で、症状もおちつきました。 一般的に、更年期障害の症状としては、 肩こり 頭痛 のぼせ 腰痛 不眠 等など 女性ホルモンが原因と考えられるようです 上にあげた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内膝の痛みは治せるか?

膝関節の痛みを、詳しく調べると本当の原因にたどり着く? 調べると言っても、画像ではわからない。 問診は重要。 触診は最大。 関節を曲げたり、伸ばしたりする。 外側に開くことで、意外な原因にたどり着くこともある。 患者さんにとって、最も大事なのは「執着」しないこと。 難しい言葉ですが、今までの知識にとらわれないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

靭帯の痛み(靭帯は疲労しない?)

筋肉は、疲労することによって骨への付着部に痛みを生じさせる。 解剖学の本には、靭帯は「疲労しない」と書かれていた。 人体で、疲労しない部位などあるのだろうか? ”筋肉”と”靭帯”の違いを説明するのは大変。 説明は難しいが、関節の痛みに直接かかわることは確かだ。 骨の構造にばかり注意を向けてきた。 その結果が、湿布。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加齢のため「力が無くなった?」

お医者さんに、「力がでなくなった」と言った。 すると医者は困った顔をして「年のせい」と責任のがれ! 原因が解らなければ、当然、治療法も解らない。 年と共に、「力はなくなるのだろうか?」 力とは、そもそも何? ルネ・ユイグ氏は著書で「かたちと力」の関係を述べられている。 ここでは、専門的なことは述べません。 「力とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年とともに、筋肉が無くなる?

「年とともに、筋肉が無くなる」 この言いに、何か疑問はない? このような表現をする人の多くは、筋肉は無くなると思っているだろ。 無くなるのは筋肉でなく筋力。 鍛えるほどに、筋繊維は太くなり大きな力が出せるようになる。 鍛えただけでは、筋繊維は硬くなり、その結果、力は弱く疲労しやすくもなる。 年とともに、筋肉は無くなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打ち身や打撲の治し方

明らかに骨折してはいないと思う「打撲」の治し方。 ぶつけた場所を、手のひらでひたすら擦るだけ。 擦る強さは、ごく軽く。赤ちゃんを撫でるイメージ。 擦ると痛く感じるようでも、我慢はしない程度で擦るほうがいい。 時間は、長いほど効果がある。 メリット 痛く感じる期間が、断然に少なく済む。何も対処しないよりも、早く治る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小野沢治療室 (町田市)

マッサージ治療 コウケントー治療 コウケントー販売 小野沢治療室のご案内 マッサージやコウケントーによる治療をおこないます コウケントーの販売やカーボン、備品の販売もおこなってます{%キラリweb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more