”飛蚊症”をコウケントーで治すには!

「コウケントー」で飛蚊症が治った体験例! 3001と5000を使い 一号集光して 顔に光をあて治った例 五十代の男性です 右の視線に 糸の切れ端のようなものが浮かび 生活に支障がない程度のものでした。 3001番を使って 光の中心が 眼にあたるように。 左右、どちらの目に症状があるのかによって …
コメント:0

続きを読むread more

マッサージ以外で膝の痛みを治すには!

膝の痛みの多くは、筋肉に関する原因から。 膝に限らず、痛みと筋肉には深い関連がある。 マッサージによって、筋肉の手入れはできるけれども これからは、積極的に予防する 脚の筋肉をトレーニングする方法を質問されることがあるが、 おススメは、階段。 スクワットもいいけれど、 長続きしなくては無意味?・・・ 膝が痛い人は、上りよ…
コメント:0

続きを読むread more

「骨折」の治療

捻挫を含め、骨折を「コウケントー」で治します。 まず、骨折治療とは? 折れた個所をくっつけるだけではありません。 痛みも同時に治します。 必要ならば、その後のリハビリによって動かせる範囲を広げていく。 「コウケントー」の治療では 骨の修復と、骨折による痛みの治療に効果が”大”。 「骨折」とは、何なのか?…
コメント:0

続きを読むread more

「膝の痛み」を治すには湿布をはがすこと

軟骨の減少などのために膝が痛くなったら 湿布を貼らずに 痛み止めを服用しない方がいいのでは 多くの人の膝痛の原因 それは筋肉 筋肉の手入れ方法を学べば 整形外科はいらなくなる 痛みを自分で治すには? まずは どこが痛いのかを詳しく知ることで さらに効果が早くなる ただ膝が痛いというだけでななく 膝…
コメント:0

続きを読むread more

膝が痛いのに正座をしてもいい?

正座ができない理由 その多くが膝の痛み はたして膝が痛いから正座ができないのだろうか? 膝が痛くなる原因とは? 正座できなくなる原因とは? 高齢になるとできなくなると思われている正座 その治す方法と予防方法 「膝が曲がらない」 膝とは脚の関節のこと ふくらはぎの骨と太ももの骨が合わさる場所 本当の役割は知…
コメント:0

続きを読むread more

「ベル麻痺」をマッサージで治療するには

ベル麻痺を、 マッサージで治すにはどこを擦ればよいのでしょう? 違和感のあるのは、右?左? 右の顔面に症状があるときには 右側の、首の筋肉や 違和感を感じる、顔の筋肉をマッサージすればよいので、自分でも治せます。 左側の人は、左の首や顔の筋肉。 顔面にも筋肉があり、表情をつくるために活躍しています。 顔の筋肉…
コメント:0

続きを読むread more

更年期障害 薬を使わない治療法

更年期障害と診断され、マッサージに来られた50代女性。 症状としては、不安感。 主に、首と肩、背中のマッサージで治しました。 3-4回の治療で、症状もおちつきました。 一般的に、更年期障害の症状としては、 肩こり 頭痛 のぼせ 腰痛 不眠 等など 女性ホルモンが原因と考えられるようです 上にあげた…
コメント:0

続きを読むread more

内膝の痛みは治せるか?

膝関節の痛みを、詳しく調べると本当の原因にたどり着く? 調べると言っても、画像ではわからない。 問診は重要。 触診は最大。 関節を曲げたり、伸ばしたりする。 外側に開くことで、意外な原因にたどり着くこともある。 患者さんにとって、最も大事なのは「執着」しないこと。 難しい言葉ですが、今までの知識にとらわれないで…
コメント:0

続きを読むread more

靭帯の痛み(靭帯は疲労しない?)

筋肉は、疲労することによって骨への付着部に痛みを生じさせる。 解剖学の本には、靭帯は「疲労しない」と書かれていた。 人体で、疲労しない部位などあるのだろうか? ”筋肉”と”靭帯”の違いを説明するのは大変。 説明は難しいが、関節の痛みに直接かかわることは確かだ。 骨の構造にばかり注意を向けてきた。 その結果が、湿布。 …
コメント:0

続きを読むread more

奥さんから「背中が曲がってる」といわれた

背中が曲がってると思われたくない。 特に病名もないし、病気でもない。 背中が痛いかといわれれば、痛くもない。 手術を勧める医者もいない。 しかし、 奥さんの目が気になる・・・。 腰痛の治療といえば、腰回りの筋肉のマッサージで治る。 腰痛の原因となる筋肉は、あまりにもたくさんあり、 特定するのが大変! と…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問 8

脊柱管狭窄症と診断されても、マッサージで治せるのでしょうか? 若し治せるのなら、どこをマサージするのでしょう。 脊柱管狭窄症に限らず、椎間板ヘルニアでもすべり症でも、 治せるはず。 これらはあくまで、病名であって症状ではないからです。 多くの症状は、痛みやしびれ。 これらの症状は、 たとえ骨の内部が狭くなっているな…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問 7

脊柱管狭窄症の診断に、 片方の足だけに痛みやしびれあるのかを、用いることがあるらしい。 それは何故か? レントゲン検査では原因は見つけにくい。 画像診断(CT・MRI)でも、はっきりとは診断しずらいらしい。 東海大学医学部付属病院脳神経外科では、このように報告している。 「熟練した医師が見れば、ほぼ確実に診断できる」…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問・6

脊柱管という神経の通り道。 この空洞が狭くなっているので、 神経を圧迫して痛みやしびれが生じると思われているが、 ほんとうにそうなの? 骨そのものは、割れても折れても痛くはない。 感覚(知覚)神経と運動神経の役割が違うので、 痛みを感知するのは骨ではなく感覚神経。 また、神経そのものが痛いのではなく、 身体に異常…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問。5

できれば、手術は避けたい。 (脊椎管狭窄症の手術で、痛みの治った人は どのくらいいるのでしょうか?) 術後に、完治したことを報告にくる患者さんは珍しいので、 何割の人が治ったのかはわかりません。 マッサージの治療でも同じ。 施術のたびに、症状の変化をききますが、 すぐに良くなる人は少ない。 病院のように大…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問・4

脊柱管狭窄症とは、骨の病気なのだろうか? 痛みなどの症状と、画像から推測するしかない。 年齢も、大いに参考にしているのだろう。 優れた医師でも、見た目からは病名をつけることはできないはず。 あくまで、画像をもとに狭くなっているように見える箇所を、 手術することで実際に医師の目で確かめるしかない。 現実を見ないでは、本当の…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問 3

脊柱管狭窄症の治療として、一般的に行われるのが痛み止めや、 血流をうながす薬の服薬? 骨の空洞が狭まっていることが、痛みやしびれの原因と考えるので、 まさか湿布を処方するはずはない。 なかには、痛み止めの代わりに処方することがあるのだろうか? 病名を決めるさい、参考にする脚の痛みやしびれ。 足ではなく脚。 この違い…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問.2

脊柱管狭窄症とは、どんな病気なの? 病名を宣告された患者さんの中には 脊椎が狭くなる病気だと思うひともいるらしい。 そもそも、脊椎と脊柱管の説明は受けたが、 違いの解った人は少ないと思います。 椎間板の説明も、不充分だったみたい。 縦方向に、狭くなったと思った人もいるはず。 いわゆる、背が縮む方向 病名は…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症の治療に疑問

脊柱管狭窄症の治療法といえば、 保存療法と手術? 手術は 絶対にしないで。 最後の最後まで、検討すること。 症状が一気になくなると思っている人は、特に注意! 人体にメスは入れないこと。 手術をできるだけしないように思っている医師と、 手術数の多さを自慢する医師。 あなたの担当医はどちら? 痛みやしびれの原…
コメント:0

続きを読むread more

母指CM関節症と思われる?

母指CM関節症とは、 手の親指が変形してくる。 はたして病気なの? ここでいう変形とは、 骨と骨の間がズレてしまうこと。 丸くなったり、三角になることではありません。 親指に限らず、指とは骨。 骨と骨がつなぎ合わさった、集合体。 人間の身体全体、 骨と骨がつながって構成されています。 軟骨はクッシ…
コメント:0

続きを読むread more

猫背の原因を探る

猫背とは、病気なのか? 治療法はあるのだろうか? その答えは? 猫背とは病気。 筋肉の病気! その治療法とは、 背中や、首の筋肉を柔らかくすること。 首、肩、背中の筋肉をマッサージすることで 治せる病気。 骨に異常があるわけではありません。 多少、軟骨が減っていても、かまいません。…
コメント:0

続きを読むread more