人間のための宗教への転換

池田:仏典には、「鏡に向かって礼拝を成す時浮かべる影又我を礼拝するなり」(御書769p)という美しい譬えがあります。これは、他者の生命への尊敬がそのまま鏡のごとく、自分の生命を荘厳していくという法理を示したものです。  つまり、すべての生命に対して、自分と別ものではなく、そこに自他に共通する生命を見いだす「自他不二の礼拝」の実践を貫く…
コメント:0

続きを読むread more

自分は、大きな生命の一部なのだ

テヘラニアン:私たち人間の「生」は、もっと大きな存在の一部であって、他のすべての生命体と「相互依存」の関係にあることと認識することが重要です。  そう認識すれば、個別的と思われる肉体的存在がまねく、不可避的な宿業である紛争をも解決する道を、私たちは歩めるのではないでしょうか。 池田:仏法の「縁起」の思想にも相通じる考え方ですね。「縁…
コメント:0

続きを読むread more