現代の対話の達人

まえがき――仏教とイスラムの歴史的出会い マジッド・テヘラ二アン  池田氏は、この文明の構築に大きな貢献をされてきた。  氏は現代の対話の達人である。  この四十年間、千五百回にもおよぶ、じつに多彩な世界の指導者と対話を重ねてこられた。  そのなかには、ライナス・ポーリングからチンギス・アイトマートフ、アウレリオ・ペッチェ…
コメント:0

続きを読むread more

仏教の自然観について

池田:「仏教では『共生』を『縁起』と説きます。『縁起』が、縁りて起こると書くように、人間界であれ自然界であれ、単独で存在しているものはなく、すべてが互いに縁となりながら現象界を形成している。  すなわち、事象のありのままの姿は、個別性というよりも関係性や相互依存性を根底としている。一切の生きとし生けるものは、互いに関係し依存し合いなが…
コメント:0

続きを読むread more

人間と自然は一体

エイルウィン:人間と自然は相互依存の関係――私は根本的で自然発生的な関係、と呼びたいのですが――にあるとする「地球サミット」の確認は、当然のものでしょう。人々が生活し、歴史をつくっている自然環境や地理的環境は、前にも論じあったように、なんらかの形で人間の性格形成にかかわっています。  気候(寒冷、酷暑、温暖)、起伏(平野や山)、植物や…
コメント:0

続きを読むread more