再生能力

 わたしはもう一つのことも学んだ。たとえ前途がまったく絶望的と思われる時でも、人間の身体の再生能力を決して過小評価してはならぬということだった。
生命力というものは地球上でもっとも理解されていない力かもしれない。
ウィリアム・ジェームズは、人類はともすれば、自分で設けた枠の中に閉じこもって生き過ぎると言った。
人間の精神と肉体の双方に、生まれながらに完全性と再生を求めてつき進む力が備わっている。
われわれがその自然の力にもっと十分の敬意を払うようになったら、その枠がうんと拡がっていく可能性がある。
この自然の力を大切に守り育てることこそ、人間の自由をもっともみごとに発揮する道かもしれない。
29p

『笑いと治癒力』
ノーマン・カズンズ著
岩波現代文庫

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント