エドヴァルド・ムンク

ユイグ:表現主義の登場以来、内面の抑えがたい苦悩が、より重要な表現主題となったのです。これは、だいたい一八八〇年ごろ、とくに北欧であらわれました。そのころ、芸術においてと同様に文学においても、スウェーデン、ノルウェーが前衛の国という様相を帯びていました。文学ではイプセン(ノルウェーの詩人・劇作家)とかビョルンソン(ノルウェーのノーベル賞…
コメント:0

続きを読むread more