実相

 すべての生の最深部に、生命を生命たらしめている根源の力がある。いや、生物のみならず、死せる物体をも、その根底から支えつつ、力強い調和の律動を奏でる宇宙存在の力と法がある。それを、仏法では、「実相」といい、「玄宗の極地(げんしゅうのごくち)」、また「妙法」という。この宇宙の本源的実在のもつエネルギーが、あらゆる存在物に能動性をもたらし、生を創造しゆく発動力ともなるのです。
 もし、この生命のエネルギーが、色法の世界に顕現すれば、物質界のさまざまな法則としての姿をあらわし、物質を統合し、調和させ、大宇宙のリズムとともに共鳴しつつ律動するにちがいない。つまり、これらの法則は宇宙生命内在の”妙法”という根源的な法の顕在化であり、個別化なのです。
 また、生命エネルギーが精神の領域を形づくれば、理性を生み、良心を芽生えさせ、各種の衝動へと力を与えつつ、さまざまな心的現象を織り成すにちがいない。
 しかも、色法と心法は、混然一体となり、融合しつつ、生命の創造を繰り広げているのが、宇宙と生命の本質的な真の様相だと思う。

『池田大作全集』第九巻 生命を語る
聖教新聞社


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント