平和とは

DVC00014 (1).JPG
 法華経の精髄たる日蓮仏法には、人間に内在する「仏」の生命を顕現し、悪の心を滅して善の心を生じ、自他ともに幸福を確立していく方途が示されている。学会は、日々、その教えを実践し、一人ひとりが人間革命に励み、苦悩の宿命を転換するとともに、社会建設の主体者となって、はつらつと生命尊厳の哲理の連帯を広げてきた。
 平和とは、単に戦争のない状態をいうのではない。核の驚異や飢餓、貧困、差別など、”地球社会の歪み”の解消への取り組みが進み、人びとが互いの尊厳を輝かせつつ、生きる喜びと幸せを実感できてこそ、真の平和である。創価学会には、まさに、その歓喜と幸福の人生の実像がある。

『新・人間革命』第30巻下
池田大作著
聖教新聞社

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント