軟骨がすり減り、膝が痛い

軟骨のすり減りが原因であれば、膝の痛みは治らないのでは。 加齢のほか、すり減りの原因はいろいろあるのかもしれません。 外から注入したり、内から吸収してもその効果はあるのでしょうか。 そもそも、痛みの原因が今だに軟骨にあるとする教育が間違いなのでは。 数字で、治る人の割合が示せるのか? 教科書の通りに理解し、治療する医師…
コメント:0

続きを読むread more

子どもの脳の最大能力を引っ張り上げる

D ・スノウドンの著書からです。 「子どもを持つ親から受けた質問です。 うちの赤ちゃんにモーツァルトを聞かせたほうがいいのでしょうか? 高価な知育玩具を買いあたえたらどうでしょう? テレビは禁止すべきですか? 早いうちからコンピューターを使わせてもいいですか? 私はそのたびに、スーザン・ケンバーがマー…
コメント:0

続きを読むread more

鎮痛剤

現在使用されている鎮痛剤で最も効果が高い? オックスフォード大学のスーザン・グリーンフィールド教授の本を読み、鎮痛剤の使用はできるだけ避けたいと思いました。 教授の本の一部を紹介します。 「モルヒネとヘロインの有害作用は、 脊髄のすぐ上にある脳幹の呼吸中枢の働きを抑制して、呼吸の速度を遅くすることである。 呼吸中枢は脳…
コメント:0

続きを読むread more

専門化する医学教育

『社会と宗教』池田大作、B・ウィルソン著より 私が大事だと思うこと 池田 「私はあえて言いたいのですが患者に慈愛の献身を尽くすことを生涯の喜びとすることができないような人は、医師になる資格をすでに失っているのではないでしょうか。 人間としての心に立つならば、医師として経験を積み重ねるほど、生命の神秘さへの思いはますます深…
コメント:0

続きを読むread more

「パーキンソン病」の疑いで来られた患者さん

手足の動きが悪くなり、病院での検査の結果、「パーキンソン病」のうたがい。 ある薬の処方を受け、様子をみることに。 マッサージでは、この病気は直せません。 動きが少しでも良くなればということで、治療室に来られる患者さんが今までに数人いました。 『脳が心を生みだすとき』 スーザン・グリーンフィールド著 草思社 この…
コメント:0

続きを読むread more

湿布を貼るのは何故?

私はお風呂上りに湿布を貼ります。 膝の内側が痛いので、痛い場所に貼る。 長い期間繰り返していて、習慣になってしまった。 膝の痛みの原因は、みんなと同じ。 薬局で買うよりも安いので、 医師の処方されるがままに。 もちろん、役に立たないのは分かっているけれど、 特別、疑問も生じない。 副作用を知っていても、やめられない。 …
コメント:0

続きを読むread more