偉大な”医術”とは

021_20120724101953.JPG
「この病気にはこの薬を使う」ということを
医者が知っているだけでは
十分ではありません。
個々の患者に医者がどのように質問するかが、
非常に重要なのです。
患者に正しく質問して、
その患者の状態をある程度まで知ることが、
偉大な医術なのです。

同じ薬を使う場合でも、
患者が五十歳か四十歳かで、
全く違うのです。
「この病気には、この薬」というふうに
図式的に考えてはいけません。
よく下痢する人と便秘がちの人とでは、
薬の与え方に大きな違いがあります。

『病気と治療』
シュタイナー著
イザラ書房

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント