更年期障害 薬を使わない治療法

更年期障害と診断され、マッサージに来られた50代女性。
症状としては、不安感。

主に、首と肩、背中のマッサージで治しました。
3-4回の治療で、症状もおちつきました。

一般的に、更年期障害の症状としては、
肩こり
頭痛
のぼせ
腰痛
不眠
等など

女性ホルモンが原因と考えられるようです

上にあげた症状のうち、腰痛以外は
すべて、
首、肩、背中の筋肉が原因とされる症状です。

ホルモン異常が原因なのかもしれませんが、
50代の方でも、マッサージによって治る方もあります。

年齢とともに、固くなる筋肉。
特に首の筋肉が硬くなると、重大な症状になって現れる。
薬によって、治ればいいのですが
治らない人はどうすればよいのか?

首の骨(頸椎)のまわりの筋肉が硬くなると
めまいの原因になる。メニエール病と診断されても、
首周りをマッサージすれば治ります。
(耳鳴りであっても同じ)
頭痛を感じたら、痛い側の首の筋肉をマッサージ。
動悸、・息切れには、首だけでなく
首から背中の筋肉もマッサージ。
疲れやすさを感じても、首から背中をマッサージすればよい。
吐き気も同じ。

首の筋肉が硬くなれば
集中力も鈍くなります。
物忘れの原因になるかもしれない。

うつ状態になるのも、
首から背中をほぐせば、対処できます。

これらの症状は、閉経前でも起こります。
閉経後の方でも、マッサージで治る人の方が、
多いのかもしれない。

いずれにせよ、年のせいにはしないで。
90過ぎでも、鍛えている人は元気。
ラジオ体操だけでも、OK

小野沢治療室(筋肉科)
筋肉医療技術研究所

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント