背中が痛いので病院に行くことに。

021_20120724101953.JPG

腰でもない
首でもない
肩でもない

背中が痛い・・・

肩甲骨でもないし、背中。背中が痛い。

私のいう背中とは、脊柱?背骨?それとも肋骨?

医者に説明するのは難しい。
なんて説明すればいいのか、
わからないし、わかってもらえないのでは。

レントゲンでは、異常が見つからない。
自分自身では、背骨が曲がっていると思っていた。

とうぜん治療方法はない。
痛い時には、痛み止めの経口投与。
脊柱に注射するには危険が大きすぎる。
同意書が必要だ。

それでも痛いと、うったえれば、
MRI検査しますか?
検査しても、異常は見つからない。

背中の痛みは、治療ではなく、一時しのぎのみ。
依存度が高く、服用が長いほど効かなくなる。

背中の痛みは、整形外科に行けばいいの?
外科?
それすらわからない。
整体では、画像検査はできない。

整体では、原因を骨に求めるのだろうか?
ここでいう骨とは、
軟骨
椎間板を含む。

あらゆる検査の結果、
異常は見つからないのだから、
検査したところは、どこも悪くないはず。
ただ、症状があるだけ。

大手薬品メーカーが、
膝の痛みは、
軟骨が原因でないことを
コマーシャルする時代になった。
コマーシャルでは、
軟骨は、膝関節の柔軟性を高めるものと訴えている。
痛みが取れるとは、
一切主張しない。
いやできない。

膝の痛みの原因は、
太ももの筋肉にあるからだ。

膝だけではない。
腰の痛みも、
筋肉が原因だ。

背中というだけでは、
まだ漠然としているが、
おそらく、背骨付近の痛みを言っているのだろう。
あるいは、肩甲骨のヘリの部分。
肩甲骨そのものが痛いのかもしれない。

痛く感じる場所はどこであれ、
原因は、筋肉。

筋肉をほぐせばよい。
マッサージが効果的。
ストレッチで自分で治すこともできる。

一番大事なのは!
どの筋肉をほぐすのか。
どの筋肉とは・・・。

筋肉の役割を答えるのは、
意外に難しい。
曲げたり伸ばしたり、ひねったり。

同じ人の、
同じ部位の痛みでも、
日により、
時間により、
痛みの原因となる筋肉が変わる。

かなりの専門知識と経験が必要だ。

原因がわかれば、あとは治すだけ。
痛くなくなるまで、マサージすればいい。
完治するまで、続けるだけ。

小野沢治療室
筋肉医療技術研究所

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント