膝の痛みは手術や薬では(絶対)に治らない

膝の痛みは、
絶対に治らない。

膝に限らず、
痛くなる原因を求めるだけでは、
治すことはできない。

完治させるには、
完治させる原因を、
積極的につくろう。

軟骨がすり減ったから、
痛くなる。
年をとったので、
仕方がない。

”原因”があって、”結果”が現れるのではない。
”良い結果”を表わすために、
”良い原因”をつくること。

その”良い原因”とは何なのか?

いつまでに完治させようと、
目標を立てること。
積極的治療につながる。

痛みが無くなったら、
何がしたいのか?

自分には何ができるのか?

痛みの原因は、
時代によって変わる。
軟骨の成分には、疑問がある。
あと何年すると、
新しい成分が発見されるのだろう。

絶望感が、
手術の誘惑に勝てなくなることもある。
新しい、施術法に惑わされる。

大切なのは、
自分の力を信じること。
いかなる病も、
治すことができることを忘れた現代人。
情報の多さに、
信念が揺らぐだけ。

不安が心を乱す。
心の乱れは、
身体の乱れ。
心と体は一体なのだ。
誰でも知っていそうなことほど、
忘れてしまう。

膝の痛みの治し方は、
誰もが知っていたはず。
時間の経過とともに、
忘れたのかも。

障害を引き起こす原因の一つに、
(固執・執着)がある。
本来、
柔軟でなければいけないことを知っていても
歳をかさねるにしたがい、
柔軟性がなくなる。
人の意見が聞けなくなる。
人間関係に、痛みが生じる。
克服するには、
柔軟性を回復することだ。

身体も同じ。
痛みが弱まるまで、
筋肉を柔らかくすることだ。
方法は、色々ある。
ラジオ体操を、
毎日続けるだけでも、
効果はある。

膝の痛みといっても、
人によって、
柔らかくする筋肉が違うことを、
知るべきです。
膝の下が痛い人は、
太ももの筋肉をほぐす。
太ももの真ん中の筋肉。
大腿直筋に原因があることがある。
実際には、
複雑な構造のため、
複数の筋肉をほぐすのが、
効果的。
太ももの、
裏側の筋肉が原因の人も、たくさんいます。

最後に
絶望的な膝の痛みだと思っていても、
痛みは必ず治せる!
太ももの筋肉がほぐれれば、
正座もできるようになる。
膝に水がたまらなくなる。

これからは、
従因至果ではなく、
従果向因!
嘆いてばかりから、
希望の目標へ!

小野沢治療室
筋肉医療技術研究所




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック