年とともに、筋肉が無くなる?

「年とともに、筋肉が無くなる」
この言いに、何か疑問はない?

このような表現をする人の多くは、筋肉は無くなると思っているだろ。
無くなるのは筋肉でなく筋力。
鍛えるほどに、筋繊維は太くなり大きな力が出せるようになる。
鍛えただけでは、筋繊維は硬くなり、その結果、力は弱く疲労しやすくもなる。

年とともに、筋肉は無くなるのではなく、筋肉は細くなるということを覚えておこう。

理想は、鍛えながらほぐす。マッサージなどのケアをすること。
鍛えることなく、現状のままの状態でも、マッサージすれば筋力は強くなる。

マッサージの前と後で、背筋力計を使い腰等の背部の筋肉の力を計ったところ、多くの人に力の向上がみられる。
これは、筋力とは疲労すると筋肉の力が出せなくなることを表す。
また、現状のままでままでも筋肉を柔らかくすれば、出せなかった力が出せるようになる可能性があるということだ。

先ずは、悲観し過ぎることなく、前向きに継続を心がけよう。

小野沢治療室

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック