後頭部の痛み、首の痛み

後頭部が痛くなる原因の中から、フェイスブックによるもの!

フェイスブックを活用しはじめ、1~2カ月経った頃から突然、後頭部が痛くなりだした。
私の場合、原因は姿勢。
首をやや後ろに反らすように、パソコンの画面を見ていたから。
時間がたつにつれ、無意識で手のひらに顎がのっていることもある。
気を付けないと、1時間以上、画面を回していることも珍しくなくなってきた。

ここで重要なことは、無意識のうちに顎が手のひらに乗っかっていることです。
重い頭を支えるために、無意識のうちに腕で頭を支えていたのです。何故無意識に支えていたのでしょう?

頭を反らすには、首の筋肉に力を加えなくてはなりません。疲労した筋肉は硬くなり、筋力も落ちていきます。
毎日、画面を開いていれば何れ骨に痛みを感じるようになる。
注意して。骨が悪くなったわけでは、絶対にありません!!

今回の場合、首を反らす筋肉、僧帽筋・頭板状筋・首板状筋等が原因ではないだろうか?
筋肉は過度の使用以外にも、同じ姿勢を保つためじっとしているだけでも、疲労し硬くなる。すると硬くなった筋肉が付着している骨が痛く感じます。
僧帽筋が凝ることを、肩コリといいます。
肩こりの症状は、めまい、吐き気、頭痛、しびれ等
全て伴って現れることもあれば、一つだけのことも。
検査しても、解らないと言われたら、筋肉をほぐすといいかも。

スマホなどでは、首を反らすのでなくうつむいていることが多くなると思いますが、これも結果は同じ。頭を支えるので、同様に筋肉がつかれてきます。首の筋肉の疲れは腕や指のしびれに関係する。
後頭部の痛みも注意してみると頸椎の右側あるいは左側の一方だけが痛く感じているはず。腕のしびれもどちらか一方がしびれます。

小野沢治療室
筋肉医療技術研究所
町田市中町2-6-23
042-723-0897

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック