肌がきれいになるコウケントー

コウケントー治療による、
皮膚の病気(異汗性湿疹)の治療例です。

ステロイド治療
40代女性の皮膚疾患。
医師より異汗性湿疹と診断されました。

4年以上前に発症して以来、
皮膚科によるステロイド剤による治療を続けてきましたが、
症状の改善は見られませんでした。
医師より、
「これ以上強いステロイド剤はありません」
と言われ恐怖と絶望感が重くのしかかります。

そうした中、
職場の友人がコウケントー治療をしていたことを思い出し、
どのような治療なのかと尋ねてみました。
一縷の望みをかけ、早速挑戦することに。

治療報告
今回の異汗性湿疹は、
手のひらと甲に強い症状がみられました。
手の甲全体が、カサブタにおおわれ、
まるで蛇の膚みたい。
黒く分厚くなって、
部分部分剥がれかけているところもあり不気味な感じ。
手全体がむくみ
手のひらのしわは傷だらけで、
物をつかむこともできません。
腫れあがっていましたが熱感はありません。
部分的に膿が出ており、
異臭があります。
手だけでなく全身が赤くなっているのも気になります。

治療には、3001と3002を使いました。
皮膚の病気では、
この組み合わせで行うことが一般的です。
水虫のような菌が原因の場合、
3000と3002を使用することもあります。

足の裏、膝を10分。
後頭部、腹、腰を5分。
手のひらと甲を各15分です。
後頭部は1号集光、他は開放。
手のひらと甲は、治療初期はヒリヒリした為1号集光を使い、
また治療器との距離をはなすことで対処しました。

初回から、皮がうすくむけています。
治療日数が進むにつれ、むくみが増したり、
身体全体が赤くなってきました。
小さな水泡が表れることもあります。
表皮の色はだんだんに黒くなっています。
強いかゆみが出る時期がありました。
(このようなときにはできるだけ、
かきむしらない努力が必要です)

こういった反応が表れても、安心してください。
決して悪化したのでなく、
陽性反応の表れです。

治療効果が表れた証拠です。
治療器を購入して、自宅で治療している人のなかには、
症状が悪化してしまったと不安になり、
途中で治療を止めてしまうケースが。
決して悪化しているのではありません。
むしろ、完治が近づく証といえるでしょう。

全身が徐々に赤くなったのは、
これまでに使用していた薬の成分を光線をあてることで、
体外へと押し出しているのかもしれません。

治療回数が18回を越えるころには、
ほとんど気にならなくなっていました。

完治には、
すこし時間がかかるかもしれませんが
挑戦し続けましょう。

小学校の校長をされたことのある、
牧口常三郎先生の言葉が印象に残っています。

『よいことをしないのは
悪いことをするのと
その結果において同じである』

コウケントーに興味のある方は、
迷わずすぐに実践してみてください。


小野沢治療室(筋肉科)
筋肉医療技術研究所
KIマサージ・コウケントー
東京都町田市中町2-6-23
042-723-0897

コウケントー無料体験治療にようこそ

皮膚疾患に驚く治療効果が認められる、光線療法
2016年12月まで無料で体験できます
治療開始日から一か月間、4回まで無料
予約受付時間は、10時から15時まで
休みは木曜・祭日・日曜


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック