手首の痛み

手首の痛みといっても、
詳しく調べると痛む個所に違いが有ることが解ります。
又、動かし方の違いで痛む個所が変わります。

何故、このような違いがあるのか考えてみましょう。

手首の他、
指の痛みも含めた症状が腱鞘炎と言われるようです。

まず、最も大事となるのは
痛む個所と痛くなる動作を把握すること。
痛みを引き起こす原因の多くは
筋肉が起因していると思われます。

解剖の図を見ると
筋肉には色々な名前が筋肉に付いていますね。
詳しく調べれは筋肉の役割の違いも解るでしょう。
たとえば5本の指の開閉や
手首の内転・外転等は
別々の筋肉を使っています。

自分の右手首を
左親指で脈を測るように
握ってみてください。
右の親指を曲げるとスジのようなものが
動くのが解りますか。
左親指を手首の真ん中に押し当てて
中指を曲げると先ほどと違うスジが動きます。
これが痛む部位に関係するのです。

では手首の痛みはどのように治せばいいのか

痛みを感じる場所は?
骨と筋肉がくっついているところ(付着部)と考えられます。

痛みは筋肉が硬くなりすぎると付着部に生じます。
したがい硬くなった筋肉を
柔らかくすれば治すことができるのです。

方法としてはマッサージやストレッチ、
腫れていなければ温めるなど色々考えらるますが、
一番はマッサージでないでしょうか。

詳しい人ならほぐす筋肉を的確に掌握でき
短期間で治療することができます。
詳しくなくとも
前腕(手首から肘まで)を自分なりのマッサージで治せるはず。
運動選手なら
筋肉の役割を経験で知っているので治すのが上手なはず。

マッサージのやり方は
親指の腹で腕にクリームを塗るような感じに
手首の痛い所に向かって上部から擦ります。
手首の表が痛ければ上腕の表、
裏が痛ければ上腕の裏、
腕のくるぶしであれば裏表。
擦って痛気持ちいい場所があればその場所も。
強すぎないでください。

何故手首が痛くなるのか?
手首や手のくるぶしの痛みは
上腕の筋肉が凝り固まると起こることがあります。

具体的に何をすると硬くなるか。
携帯の持ちすぎ、
テニス・ゴルフなどの強く握るスポーツ、
PC・スマホ、
犬の散歩、
針仕事、
給食の鍋をかき回す・・・・。

気づかぬ所に原因は潜んでいます。
どうせ手首を使うなら、
お父さんお母さんの肩をもんであげれば!


小野沢治療室(筋肉科)
筋肉医療技術研究所
 KIマッサージ
 コウケントー (カーボンの販売も有り)
東京都町田市中町2-6-23
042-723-0897

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

chuchun@docomo.ne.jp
2013年11月03日 11:02
まみですσ(´∀`мё)初めまして!nanaさんのブログ大好きです($◆’`艸) ゚+o。o.good!。o+゚今日はついに見てるだけじゃ足らずコメントしちゃいました(o≧∀≦)o実は最近、nanaさん自身にも興味がるんですけども…ウリウリ(*´Д`)つ))´∀`)もしよかったら、お友達になってほしいですσ(´∀`мё)メールもらえたら嬉しいな(o´∀`o) それじゃ待ってますです(^∀^)

この記事へのトラックバック