腰痛・ぎっくり腰・脊柱管狭窄症

筋肉が引き起こす腰の症状

腰痛
腰の中心部が痛いと
腰痛と言い長期間にわたって症状が続く。

他にも仙骨の左右外側、
背中付近が痛くて
腰痛と自覚するする人もいる。

ギックリとは
明らかに違う痛さなので
治療開始が遅くなるのが大きな特徴だ。
腰の捻挫・ギックリ腰
共に激痛が襲いかかる。
身動きが取れなくなるのが特徴といえよう。
恐怖に襲われ本能的に身体を動かさない方が安全
という自己判断を下すことが多い。

発症時に何らかのきっかけがあり
安静後すぐに治療開始をするが適切な処置が受けられないのが現状だ。

内臓が原因
臓器の疾患により引き起こされる腰痛もある。
問診時に判断可能なことがあるが私は専門外の為詳しいことは解りません。

検査結果にこだわらない
心の引き起こす病は治りにくい。
MRIなどの検査で
骨・椎間板等の異常があると言われると
「私は重病なのだ」
と思い込む人があまりにも多すぎる。

「検査結果の説明で難しい医学用語を数多く使われると信用してしまう人」
「治療師の名声・肩書にこだわる」
「病院を頻繁に変える人」
は要注意!

このタイプの人は
どんな病気にかかっても
自然治癒力を閉じてしまうのだ。
全ての人に共通して備わる治癒力を
最大限発揮させれば
必ず結果を出せる。
名医に頼るのでなく
自身が名医であると
気づくことから治療開始しよう。

治療法
筋肉が引き起こす腰の症状は
的確な筋肉をマッサージすれば治せる。

腰椎に付着する筋肉、
仙骨・腸骨に付着する筋肉、
腹部の筋肉。

痛む動作や姿勢、日常の仕事などを考慮し
的確に原因となる筋肉を特定しマッサージする。

急性の腰痛(捻挫・ギックリ)に関しては
特定より痛みを感じる部位を
できるだけ軽く長時間マッサージすることだ。

OPを勧められたら必ず筋肉治療を先にすること。

痛みがこらえられなければ
一時的に痛み止めで感じないようにしてもらい、
マッサージによる治療を先にすることを勧めます。

狭くなっている腰の骨の間に、
切り取った別の骨を挟まれたが
術後いっこうに痛みは変わらないという人が
マッサージして治るケースがあります。

身体を部品のように思い込み
取りかえれば良いと考えるのは改めるべき。

小野沢治療室(筋肉科)
筋肉医療技術研究所
KIマッサージ
コウケントー(可視総合線)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック