坂を登ると腰が痛い

画像

痛みの原因の一つに筋肉の硬化(硬くなる)があります。
筋肉が硬くなる理由は
疲労・寒さ・ストレスなど人により違ってくるでしょう。

今回は坂を登ると何故、
腰が痛くなるかを
考えます。

腰の痛みの原因は筋肉
椎間板ヘルニアとか脊椎分離症と診断されたとしても、
痛みの原因の一番は筋肉。
このことが本題の結論ともいえるでしょう。
診断結果に執着するといつまでも治らない.
まずは迷いを克服して
筋肉のマッサージをしてみましょう。

立っている時、身体の重心は腰にかかる。
その為、坂道は腰の筋肉へ大きな力が加わり
腰痛となることは理解できるでしょう。

それに加え
太ももやお尻の筋肉にも
大きな力が加わります。
腰椎や仙骨付近の痛み
又は坐骨付近の痛みは
お尻の筋肉(大殿筋など)が原因になる人もいます。
平地を歩く時より
坂道を登る時に
負担の大きくなる筋肉もある。

坂を登るとお尻が痛む。
腰が痛むのと同様に
お尻の筋肉(大殿筋等)への負担は
平地よりも大きい為、
お尻の筋肉が硬くなると
坐骨付近(大腿骨骨頭)に痛みが生じます。

場合によれば
しびれになることもある(坐骨神経痛)。
階段の登りや自転車こぎでも
お尻の筋肉に同様の負荷がかかるので
痛みやしびれの原因になります。

ベットから起き上がるときには
片方の大殿筋に負荷が掛かり
一方だけが痛くなるのはこの為なのです。

腰痛・坐骨神経痛を引き起こす筋肉は
人により異なります。
筋力の強弱や癖などが
影響するのでしょう。

その日の疲れ具合で
筋肉の使われ方は異なるます。
毎日同じ痛みとは限りません。

治療法は

大殿筋や大腿4頭筋を
マッサージします。
自宅での治療は
マッサージに加え
前後左右に開脚体操、
ヨガなど工夫してください。

腰痛を治す為には
筋肉に詳しい先生を
探しましょう。

KIマッサージを受けにくるのも大事!
小野沢治療室(筋肉科)
筋肉医療技術研究所
KIマッサージ
コウケントー
町田市中町2-6-23
042-723-0897

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック