不思議な膝裏の痛み

画像

関節痛ごとに共通した筋肉の痛む個所(圧痛点)があるようです。
ほとんどの人は何故こんなところが痛むのと不思議な顔をされます。
このことは「関節と筋肉の関連性」を
表しているのではないでしょうか。


「膝の裏側が痛む」方を例に考えてみます。

膝裏の痛み。
痛むところを聞いても「このあたり」と言うだけで
はっきりとした答えがかえってきません。

同じ症状の方を何度も診ているので
「ここは痛くないですか」と聞くと
ほとんどの人は同意されます。

こことは、ふくらはぎ。
ふくらはぎの筋肉の外側上部です。

膝裏の痛みは
ふくらはぎの筋肉と
関係ありそうです。

筋肉による症状の特徴、
それは筋肉の付着部(起始・停止)付近に
痛みなどの症状が起こります。

今回の治療は
料理人を長年やられている方です。
長時間の立ち仕事の為、
脚腰に常に負担があります。
膝裏もこのことが影響したのでしょう。
この方は左側だけに痛みが起こりました。
多くの人が片側に起こります。
治ると今度は反対側に
痛みが出ることもまれではありません。

このような痛みが起こっても心配ありません。
筋肉による痛みは
マッサージすれば治簡単に治ります。
まずは、ふくらはぎ(ひふく筋・ヒラメ筋)をマッサージしてください。

椅子に座ってふくらはぎを上下にマッサージするのも良いでしょう。
痛みを感じる所は軽くしてください。
筋肉が原因と思う症状は
すぐには治らないでしょう。
あきらめず継続が重要です。

「立ち仕事・登山(坂道)・ハイヒールのようなかかとの高い履物・クラッシックバレエ」などなど。
つま先に力が加わると
ふくらはぎは硬くなります。
意識してマッサージしてみては!

太ももの裏、大腿二頭筋が硬くなり膝裏が痛くなることもあります。

膝裏の内側や外側に感じる場合は
太ももの裏をマッサージして下さい。

筋肉が原因する痛みは
付着部(起始部・停止部)に感じることが多いようです。
またこの部位の痛みは
ゆっくりと表れるのではないでしょうか。
治療日数も多くなるでしょう。
筋肉の腹に起こる痛み(筋肉痛)は早めに起こる。
適切な治療ができれば短期に良くなります。

朝起きると膝が痛い
痛みの起こりやすい時間があります。

朝起きるときは
膝の裏だけでなく、膝や腰あるいは首といった
さまざまなところが痛くなります。

筋肉は同じ姿勢が続くと硬くなり
その結果、
痛みとして表れます。

疲れ具合により
同じ姿勢を継続できる時間が異なるので、
寝ている間に痛くなり
起きてしまうこともあります。

起きた後、徐々に痛みが和らぐのは
身体を動かすことで
筋肉がほぐれてくるのでしょう。

痛みだけでなく
夜中にふくらはぎがつるのも
同じ理由です。
ふくらはぎのつりは
筋肉が硬い為。
起床後、又は起床する前に
マッサージすることで楽になります。

小野沢治療室(筋肉科)
筋肉医療技術研究所
町田市中町2-6-23
042-723-0897
KIマッサージ
コウケントー(可視総合線)
*光線器・カーボン小箱(10本)の販売もします

*コウケントー治療をもっと知っていただくために、期間・人数限定で無料でおこないます。
ただし「膝の痛み」のみの治療です
治療受付期間は2016年6月から11月まで
予約制です
治療費は無料
受付時間は9時から16時まで
(往診時はつながらいことも有)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック