リンパ浮腫とKIマッサージ

子宮頚がん・乳がんなどの手術で多くのリンパ節を除去されるとリンパの流れは悪くなり手足にむくみが起こります。その為関節はむくみ曲がらなくなり生活に支障をきたすことも。
今回はこのようなリンパ浮腫をKIマッサージで治しましょう。
ここでは子宮頚がんを例にお話しします。


リンパ節の切除
子宮頚がんの手術でリンパ節(複数のリンパ管が集まる)を切除されるとリンパ液の吸収は悪くなり循環の障害を起こします。これがリンパ浮腫です。この循環障害ははじめ脚がむくみ、さらに進むと皮膚が硬くなってくる。関節周りもむくむので関節は曲がらなく、脚を一本の棒のようにして歩行しなければなりません。脚全体がむくみの為にぱんぱんとなり痛くなることも。

術後すぐに治療を始めること
手術後すぐにKIマッサージを行なえばむくみは少なくて済みます。ところが手術前にむくみの出ることやリハビリ法を教えてくれる医師は少ないようです。リンパ浮腫の確実な治療法はまだ確立されていないのがその理由でしょう。術後すぐにリハビリの体操をされる医療機関もあるようですがまだ少ないようです。
医療機関で行なわれるリハビリの利点は筋肉が動くこと。筋肉が動く(収縮)ことでリンパの循環が促進されます。しかしこれだけでは十分とは言えないでしょう。
KIマッサージで筋肉をほぐし柔らかくすることで、筋収縮の機能が高まります。リンパ循環のポンプ機能が高くなるのです。

リンパマッサージとの違い
私はリンパマッサージを考案された先生の治療室で働いていた為、初めはリンパマッサージを施術していました。しかしリンパ浮腫の患者さんはマッサージを受けることで、多少は楽にはなるようですがむくみの改善には程遠いものがあります。この現実が事がきっかけとなり新たな治療法を考えました。この新たな治療法がKIマッサージです。リンパの循環の改善の為には筋肉を柔らかくすることが最も大事。KIマッサージは筋肉の持つ機能の向上と修復が可能なのです。

筋肉は衰える
リンパ水腫になると手足の動きが悪くなります。動かさないでいると筋肉は加速度的に衰え又硬直します。
むくみきった脚を擦るのは大変。けれどもKIマッサージを続けることでむくみの奥にある筋肉はほぐれ始めます。ある程度ほぐれれば身体が動くようになり、むくまなくなるでしょう。

最後に
書籍に書かれている内容を見ると、手術の方法や転移・再発のことばかりです。
リンパ浮腫の治療法を知らない方に是非教えてあげてください。

小野沢治療室(筋肉科)
筋肉医療技術研究所
 KIマッサージ
 コウケントー(可視総合線)
町田市中町2-6-23
042-723-0897

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック